事故にあった時にすべきこと

運転中に交通事故を起こしてしまえば、誰しも慌ててしまうものです。その中で、適切な行動をとるためには、日頃から行うべき事柄を知っておく必要があります。ここでは交通事故にあった時にやるべき基本事項について解説をしていきます。

まずは警察に連絡!

事故の当事者になった時は、負傷者を確認し、重傷者がいる場合は路肩に移動して救急車の要請をしましょう。それから、周囲の安全を確認し、発煙筒や停止表示機材を設置します。特に、高速道路や見通しの悪い道では、二次被害を起こさないように細心の注意が必要です。

安全を確保したあと、警察に連絡を入れます。警察への報告義務を怠ると刑事罰の対象になりますし、そもそも、警察が来なければ、保険金請求に必要な事故証明書を取得できません。一方、保険会社に対しては、事故発生から60日以内に連絡すれば損失を補てんしてくれますが、可能であればその日の内に連絡をした方が良いでしょう。

もし、あなたが被害者の立場であれば、加害者側から示談の申し出があるかもしれません。しかし、示談金の大小にかかわらず、それに応じるのは避けてください。念書にサインなどをすると、保険会社が対応できなくなる可能性があるからです。また、加害者側が現場から立ち去りたいそぶりをした場合は、身分証明書を見せてもらい、それを携帯電話のカメラなどで撮影しておきましょう。身元が分からないまま姿を消されては、後々面倒な事態になってしまいます。

自走できない場合はレッカーを手配

事故を起こした時に困るのが自動車の撤去です。自走できるのであれば問題ありませんが、動かなくなった場合は、いち早く撤去しないと交通の妨げになります。撤去する手段がなければ、警察がレッカー車を手配してくれますが、それに要した料金は後で請求されます。

このような場合にあると便利なのが、任意保険に付帯しているロードサービスです。一定の距離内ならば、事故車を無料で牽引してくれます。その際に、どこの修理工場に運ぶかを伝える必要がありますが、特にいきつけの工場がないのなら、保険会社に連絡して、最寄りの契約工場を紹介してもらうのが一番です。

最近では、ほとんどの任意保険にロードサービスが自動付帯していますが、中には選択制の場合もあります。自分の加入している保険はどうなっているかは、しっかり確認しておきましょう。また、万が一、付帯していなくても、JAF会員であれば15キロ以内なら無料で牽引してくれるので、そちらを利用する手もあります。さらに、車両保険による補償は、車の搬送費用も含まれています。したがって、ロードサービスやJAFの無料搬送距離を越えた場合は、超過費用に対する保険での補てんが可能です。

どこまで保険会社に任せればいいの?

交通事故が起これば、加害者と被害者双方が加入している保険会社のスタッフがやってきて、すべてを代行してくれるイメージがありますが、事実は少し異なります。
まず、保険会社のスタッフは交通事故の現場には姿を現しません。来たところで、現場を調べる権利がないからです。では、過失割合は警察が決めるのかというと、それも違います。警察は民事不介入の大原則があるので、保険金の問題については口出しできません。それではどうするのかというと、警察が作成した供述調書や実況見分調書に基づいて、互いの保険会社が話し合って決めているのです。

したがって、実況見分の際の証言は、非常に重要になってきます。日本人的謙虚さを発揮して、自分も悪かったという証言をしてしまえば、過失割合を決める際に不利に働く可能性があります。警察に説明を求められた時は、事実のみを語るよう心掛けましょう。 また、過失割合は保険会社が決めるといっても、その結果がどうしても不満な場合もあります。そういう時は、なぜそのような割合になったかを尋ね、事実と異なるところがあれれば、それを指摘して過失割合の再検討を求めましょう。

保証金の示談交渉を行うのは保険会社同士ですが、だから自分は何もしなくてもよいというわけではありません。不本意な結果を押し付けられないためにも、事故の状況をしっかりと把握し、自分の担当者に示談条件を伝えておくことが大切です。

廃車・事故車を高価買取保証。レッカー代・書類代行も無料で承ります。無料査定依頼はこちらから

お急ぎの方はお電話ください。

「車選び.com 買取コールセンター」通話無料0120-917-508。8:00〜22:00 年中無休。携帯・PHS OK。お手元に車検証をご用意いただくとスムーズです。

入力カンタン20秒!ネットで無料査定

8:00〜21:30のご依頼なら、最短10分で買取価格をお答えします。

※21:30〜は、翌日の対応とさせていただきます。
プライバシーポリシーをご確認のうえご依頼ください。

車両の情報

メーカー必須
メーカー名を選んでください
車種必須
車種名を選んでください
年式必須
おおよそでOKです
走行距離必須
おおよそでOKです

お客様の情報

お名前必須
電話番号必須
メール必須
都道府県必須

買取から代金お振込みまでの流れ

1.電話かネットで査定依頼・お問合せ。2.成約後にお車を引取。3.必要書類にご記入・送付。4.口座へ代金をお振込み。

その手続き、ちょっと待って!ご自分で廃車手続きをお考えの方へ。知らないうちに「損」しないための、賢い手続き方法とは?

お急ぎください!廃車手続き

12月末までに
抹消登録(廃車)すると、
自動車税が
3ヶ月分戻ってきます。

今お乗りの愛車を売るなら。比較的軽微な損傷や、自走可能なお車の場合は「車選び.comの車買取・一括査定」へ

  • 廃車がはじめての方へ「車選び.comの廃車買取とは」
  • 買取からお振込みまでの流れ「廃車買取の流れ」
  • あなたの車の買取価格は?「メーカー・車種別廃車買取価格」
  • エリア別廃車情報「全国廃車・事故車買取マップ」

廃車手続きパーフェクトガイド

廃車コラム

廃車手続き-基本編
廃車手続きの必要書類と手順
廃車にする走行距離と年式の基準
永久抹消登録と一時抹消登録の違い
廃車にする前にやっておきたい準備
廃車する時にかかる費用はどれくらい?
廃車にはどれくらい日数がかかるの?
廃車時の税金・保険料の還付手続き
廃車時に必要な保険の手続き
廃車手続きができる場所
廃車時に取外して良い部品・悪い部品
車検切れの車を廃車する方法
他県ナンバーの車を廃車にする方法
他人名義の車を廃車する方法
車検証の住所・氏名が印鑑証明書と異なる場合
◯◯を紛失した場合の廃車手続き
車種別廃車手続き
軽自動車の廃車手続きには何が必要?
トラックを廃車にするには
排気量別 バイクの廃車手続きの方法
廃車手続き-番外編
放置されている廃車の処理・撤去
ローンの残っている車は廃車にできる?
廃車寸前の車でも買取可能な理由
車を長期間保管するベストな方法
業者や知人から廃車予定の車を買い取ることはできる?
廃車にした車はどうなるの?
廃車を修理・再生するには
廃車にした車・バイクを再登録するには
廃車にする前にやりたい愛車の供養
廃車買取業者の選び方
こんな業者に注意!廃車買取に関するトラブル
なぜ無料で廃車買取ができるのか
年間で廃車される車の台数
リサイクル法って何?預託金とは?

事故車コラム