廃車寸前の車でも買取可能な理由

かつては走行距離が10万キロを越え、見た目もボロボロの車は、解体業者に持ち込んで処分してもらうしかありませんでした。しかし、最近は廃車専門の買取業者が増えています。こういった業者は一体どのようにして利益を得ているのでしょうか?廃車買取のシステムについてご説明します。

廃車買取の仕組み

昔から中古車は、それが市場価値のあるものであれば、業者もそれなりの価格で買い取っていました。しかし、年式が古く走行距離が長い車は、中古市場でもほとんど買い手が見つかりません。そのため、そうした車は廃棄処分にするしかなかったのです。けれども、廃車買取業者は、そんな車でもお金に変えるすべを知っています。だからこそ、廃車寸前の車でも査定額を出せるのです。

その手段は色々ありますが、一番大きいのが中古車の輸出です。多くの人は、日本市場で見向きもされない車が海外で売れるのかと疑問に思うかもしれません。しかし、車に対する認識は国によって違います。例えば、日本では走行距離10万キロが買い替えのひとつの目安とされています。それ以上走ると故障が増え、修理代の方が高くかかるといわれているからです。しかし、日本の車は優秀で、実は大事に扱いさえすれば20万キロ程度は十分走行可能です。発展途上国の人々などはそれをよく知っており、日本で廃車寸前になった車でも喜んで購入します。廃車買取専門の業者は、そこに目をつけて独自の輸出ルートを開拓しているのです。

また、海外でなくとも、国内のオークションで販売するという手があります。日常で使う移動手段としては誰も欲しがらない古い車でも、オークションであれば、古い車を探している自動車マニアを相手に商売ができる可能性があります。さらに、車自体が使い物にならなくても、パーツなら買い手がつくかもしれません。そして、車の原材料である鉄やアルミといった金属も立派なリサイクル商品です。このように、廃車買取業者は、さまざまな手段を用いて、廃車に商品としての価値を見出しているのです。

廃車を買取に出すメリット

車を廃車にするには陸運局で廃車手続きを行う必要があります。これが意外と手間がかかるのです。まず、車に2度と乗らないのであれば、解体業者に依頼して車を解体する必要があります。そして、その後で廃車手続きに行くわけですが、陸運局は土日が休みです。つまり、サラリーマンでも平日に時間を作る必要があります。さらに、保険会社に行き、自動車保険の解約手続きを行わなければなりません。

しかし、廃車買取業者に依頼すればこれをすべて代行してくれます。しかも、たいていの場合は無料です。販売店のディーラーに依頼しても、廃車手続きは代行してくれますが、手数料を取られるケースがほとんどです。なぜかというと、ディーラーは基本的に廃車のリサイクルを考えていないからです。逆に、廃車買取業者にとって廃車は金のなる木ですから、廃車手続きを無料で引き受けてもそれを手に入れたいと考えます。

しかも、業者がその車に大きな価値を見出せば、見た目がボロボロの車でも査定額が何万円にもなる可能性さえあります。こうして比較して見ると、自分で廃車手続きを行うよりも、廃車買取業者に依頼する方が、遥かに大きなメリットがある事実が分かります。

廃車買取の相場

廃車を専門業者に買取ってもらおうと考えた時、一番気になるのは買取価格の相場ではないでしょうか。ただ、これは一概に何円程度と決めることができないのが現状です。なぜなら、車の価値は車の種類やその時々の市場の状況によって変わってくるからです。例えば、北京オリンピックの開催された2008年頃には鉄の値段が高騰しており、スクラップ同然の軽自動車でも数万円の価値がありましたが、現在では数千円程度に過ぎません。

相場が分からないとなると、今度はどうしたら自分の車のを高く査定してもらえるかということが気になると思います。廃車買取の際に最も重要視されるポイントは、メンテナンスがきちんとされ、大切に扱われているかどうかです。車は、たとえ5万キロ程度しか走っていなくても、乱雑に扱えばすぐにガタきます。逆に、メンテナンスを怠らずに丁寧に扱っていれば、相当な歳月を問題なく走り続けるものです。そして、そういう車であれば、走行距離が多くても海外で販売すれば、喜んで買ってくれる人がいます。走行距離が10万キロを越えているから値段はつかないだろうと思っていた車でも10万円、20万円の査定額が出るケースがあるのです。また、輸出した車が高く売れるかどうかは、輸出ルートによっても違うので、そのルートを数多くもっている業者ほど、査定額が高くなる傾向にあります。さらに、自動車本体に査定額がつかなくても、パーツの販売で出る利益を考慮して、買取手続きの代行サービスを込みにして0円以上で引き取ってくれるの業者もあります。一口に「廃車買取業者」と言っても、業者ごとに異なる強みを持っているので、より高値で査定してもらうためには、たくさんの業者に見積依頼をしてみることも重要です。

廃車・事故車を高価買取挑戦。レッカー代・書類代行も無料で承ります。無料査定依頼はこちらから

入力カンタン45秒!ネットで無料査定

8:00〜21:30のご依頼なら、最短10分で買取価格をお答えします。

※21:30〜は、翌日の対応とさせていただきます。
プライバシーポリシーをご確認のうえご依頼ください。

車両の情報

メーカー必須
車種必須
年式必須
走行距離必須

お客様の情報

お名前必須
電話番号必須
都道府県必須
メール任意

当サイトは株式会社ファブリカコミュニケーションズ(東証スタンダード上場 証券コード:4193)が運営しています。 東証スタンダード上場ロゴ

当社は10年以上の廃車実績を持つ「株式会社ラグザス・クリエイト」と業務提携しております

お客様の情報は当社から、株式会社ラグザス・クリエイトへと配信され、それぞれ安全に管理されます。
お客様の情報が許可なく公開されることは一切ございません。

  • メーカー
  • 車種
  • 年式
  • 走行距離
  • メーカー
  • 車種
  • 年式
  • 走行距離
  • メーカー
  • 車種
  • 年式
  • 走行距離
  • メーカー
  • 車種
  • 年式
  • 走行距離

お電話でも受付中

「車選びドットコム 査定専用ダイヤル」通話無料0078-6015-26960。8:00〜22:00 年中無休。携帯・PHS OK。お手元に車検証をご用意いただくとスムーズです。

買取から代金お振込みまでの流れ

1.電話かネットで査定依頼・お問合せ。2.成約後にお車を引取。3.必要書類にご記入・送付。4.口座へ代金をお振込み。

その手続き、ちょっと待って!ご自分で廃車手続きをお考えの方へ。知らないうちに「損」しないための、賢い手続き方法とは?

お急ぎください!廃車手続き

今お乗りの愛車を売るなら。比較的軽微な損傷や、自走可能なお車の場合は「車選びドットコムの車買取・一括査定」へ

  • 廃車がはじめての方へ「車選びドットコムの廃車買取とは」
  • 買取からお振込みまでの流れ「廃車買取の流れ」
  • あなたの車の買取価格は?「メーカー・車種別廃車買取価格」
  • エリア別廃車情報「全国廃車・事故車買取マップ」

廃車手続きパーフェクトガイド

廃車コラム

廃車手続き-基本編
廃車手続きの必要書類と手順
廃車にする走行距離と年式の基準
永久抹消登録と一時抹消登録の違い
廃車にする前にやっておきたい準備
廃車にかかる費用は総額どれくらい?
廃車の手続きにかかる日数・時間は?
廃車時の税金・保険料の還付手続き
廃車時に必要な保険の手続き
廃車手続きができる場所
廃車時に取外して良い部品・悪い部品
車検切れの車を廃車する方法
他県ナンバーの車を廃車にする方法
名義の違う車を代理で廃車する方法
車検証の住所・氏名が印鑑証明書と異なる場合
◯◯を紛失した場合の廃車手続き
車種別廃車手続き
軽自動車の廃車手続きには何が必要?
トラックを廃車にするには
排気量別 バイクの廃車手続きの方法
廃車手続き-番外編
放置されている廃車の処理・撤去
ローンの残っている車は廃車にできる?
廃車寸前の車でも買取可能な理由
車を長期間保管するベストな方法
業者や知人から廃車予定の車を買い取ることはできる?
廃車にした車はどうなるの?
廃車を修理・再生するには
廃車にした車・バイクを再登録するには
廃車にする前にやりたい愛車の供養
廃車買取業者の選び方
こんな業者に注意!廃車買取に関するトラブル
なぜ無料で廃車買取ができるのか
年間で廃車される車の台数
リサイクル法って何?預託金とは?
動かない車を処分したいけど...不動車はどう処分?
車の処分はディーラーでもやってくれる?
金融車を処分するにはどうしたらいいですか?
車検証の所有者名義が違います。他人名義の車は代理で処分できるの?
車処分方法・タイミング
車を賢く処分する方法まとめ
車のバッテリーの処分方法を解説!廃棄場所や回収費用は?
車の純正・社外品パーツの処分方法とは?捨て方や注意点を知ろう
タイヤ・ホイールを処分する方法まとめ!捨て方や料金などを解説
車のマフラーを処分する方法は?純正から社外に変えた場合も
期限切れの発煙筒・三角表示板・ジャッキを処分する方法
車に使ったワックス・洗剤は何ゴミで処分する?
転勤・引越しで車を処分する場合、引っ越し前と後はどちらがいいのか
車を処分するおすすめ時期5選!ベストなタイミングはいつなのか
車を処分して節約したい!維持するより処分する方が得する?

事故車コラム