リサイクル法って何?預託金とは?

廃車の手続きの一つとして、自動車のリサイクルについて知っておく必要があります。そこで、リサイクルに関わる法律やリサイクル預託金などについてご説明します。

自動車のリサイクルに関する法律がある?

車には「自動車リサイクル法」という法律が施行されていることをご存知でしょうか。日本では現在、年間400万台以上の車が廃車されています。廃車で解体作業が行われた車の約8割(鉄や部品、パーツ部分)はリサイクルされ、車を粉砕した後に残った2割のプラスチックくずなどがゴミとして埋立処分されてきました。しかし、処分費用や、埋立地の限界・環境問題などが問題視され、適正なリサイクルの仕組みが必要とされました。

そこで、使用済自動車(廃車)から出る有用資源をリサイクルして、環境問題への対応を図るために平成17年1月1日に施工されたのが「自動車リサイクル法」です。それに伴い自動車にはリサイクル料金(預託金)がかかるようになりました。

リサイクル預託金は誰が負担するのか

リサイクルにかかる料金は車の所有者自身が負担します。メーカーや車種によって「くずの量」や「取り外しやすさ」などが違うため、それぞれ1台ごとに料金は変わってきます。自分の車のリサイクル料金は自動車リサイクルシステムのサイトから調べることができます。リサイクル料の相場は、以下の通りです。

リサイクル料金相場

預託金を支払うタイミングとしては、

  1. 新車を購入する時
  2. 自動車リサイクル法が施行後、初めての車検をする時
  3. 廃車(解体処理・廃棄)をする時

このいずれかの場合となります。

平成17年以降に購入した車であれば、原則新車の購入と同時に預託金として前払いで払っていますので、廃車の際に再度払う必要はありません。納車時に車検証と一緒にリサイクル券をもらっているはずです。 平成27年度のリサイクル預託状況は新車登録時は4,943,816台、引取時は73,975台となっており、98%の車が新車登録時に預託しています。

また、押さえておきたいポイントは、この料金の支払い義務がある人が「最終的に車を処分する人」と決められている点です。もし中古車として車を売った場合は、車と一緒にリサイクル券を業者に渡します。この場合、売却した車輌金額に加えてリサイクル預託金が返ってくることもおさえておきましょう。返ってくると言いましたが、返金ではなくリサイクル券譲渡により相当額を受け取るという形になります。

廃車を考えた場合であっても、廃車買取業者に「中古車」という扱いで買い取ってもらった場合は最終処分者ではなくなるため、預託金相当額を受け取ることができます。ただし、「中古車」ではなく「使用済自動車」として買い取ってもらった場合は「解体処理・廃棄」になり、処理費用として業者に支払われますので、リサイクルの還付を受けることはありません。

リサイクル券ってどんなもの?

預託金を支払ってある場合、「リサイクル券(預託証明書)」が発行されていますが、改めてよく見たことがない人が多いのではないでしょうか?リサイクル券は以下の4種類からできています。

●[A券]預託証明書(リサイクル券)

リサイクル料金を預託したことを証明する文書です。預託金額が書かれています。廃車をする際に引き取り業者に渡す券になりますので必ず保管しておきましょう。

●[B券]使用済自動車引取証明書

当該自動車が使用済みとなった際に、最終所有者に対して交付する書面です。これも必ず保管が必要です。

●[C券]資金管理料金

資金管理料金を受領したことを証明するために、自動車リサイクル促進センターが発行します。

●[D券]料金通知書兼発行者控え

事業者が控えとして持っておくものですので、ユーザーが保管する事はありません。
リサイクル料金の5つに別れており、その明細が記載されています。

シュレッダーダスト料金 車を解体、粉砕した際に出たシュレッダーダストの処分費用
エアバッグ類料金 エアバッグ類の処分費用
フロン類料金 フロン類の処分費用
情報管理料金 使用済みの車の状況や情報を管理する為に必要な料金
資金管理料金 リサイクル料金を収納する際や、管理、運用を行う際に必要な料金

廃車・事故車を高価買取保証。レッカー代・書類代行も無料で承ります。無料査定依頼はこちらから

お急ぎの方はお電話ください。

「車選び.com 買取コールセンター」通話無料0120-917-508。8:00〜22:00 年中無休。携帯・PHS OK。お手元に車検証をご用意いただくとスムーズです。

入力カンタン20秒!ネットで無料査定

8:00〜21:30のご依頼なら、最短10分で買取価格をお答えします。

※21:30〜は、翌日の対応とさせていただきます。
プライバシーポリシーをご確認のうえご依頼ください。

車両の情報

メーカー必須
メーカー名を選んでください
車種必須
車種名を選んでください
年式必須
おおよそでOKです
走行距離必須
おおよそでOKです

お客様の情報

お名前必須
電話番号必須
メール必須
都道府県必須

買取から代金お振込みまでの流れ

1.電話かネットで査定依頼・お問合せ。2.成約後にお車を引取。3.必要書類にご記入・送付。4.口座へ代金をお振込み。

その手続き、ちょっと待って!ご自分で廃車手続きをお考えの方へ。知らないうちに「損」しないための、賢い手続き方法とは?

お急ぎください!廃車手続き

12月末までに
抹消登録(廃車)すると、
自動車税が
3ヶ月分戻ってきます。

今お乗りの愛車を売るなら。比較的軽微な損傷や、自走可能なお車の場合は「車選び.comの車買取・一括査定」へ

  • 廃車がはじめての方へ「車選び.comの廃車買取とは」
  • 買取からお振込みまでの流れ「廃車買取の流れ」
  • あなたの車の買取価格は?「メーカー・車種別廃車買取価格」
  • エリア別廃車情報「全国廃車・事故車買取マップ」

廃車手続きパーフェクトガイド

廃車コラム

廃車手続き-基本編
廃車手続きの必要書類と手順
廃車にする走行距離と年式の基準
永久抹消登録と一時抹消登録の違い
廃車にする前にやっておきたい準備
廃車する時にかかる費用はどれくらい?
廃車にはどれくらい日数がかかるの?
廃車時の税金・保険料の還付手続き
廃車時に必要な保険の手続き
廃車手続きができる場所
廃車時に取外して良い部品・悪い部品
車検切れの車を廃車する方法
他県ナンバーの車を廃車にする方法
他人名義の車を廃車する方法
車検証の住所・氏名が印鑑証明書と異なる場合
◯◯を紛失した場合の廃車手続き
車種別廃車手続き
軽自動車の廃車手続きには何が必要?
トラックを廃車にするには
排気量別 バイクの廃車手続きの方法
廃車手続き-番外編
放置されている廃車の処理・撤去
ローンの残っている車は廃車にできる?
廃車寸前の車でも買取可能な理由
車を長期間保管するベストな方法
業者や知人から廃車予定の車を買い取ることはできる?
廃車にした車はどうなるの?
廃車を修理・再生するには
廃車にした車・バイクを再登録するには
廃車にする前にやりたい愛車の供養
廃車買取業者の選び方
こんな業者に注意!廃車買取に関するトラブル
なぜ無料で廃車買取ができるのか
年間で廃車される車の台数
リサイクル法って何?預託金とは?

事故車コラム