「事故車」の定義

事故車と聞いて良いイメージを持つ方はまずいないでしょう。したがって、事故車を売却したくても買取ってくれないだろうと不安に思うのは当然です。そもそも事故車とはどのような車を指すのでしょうか?その定義について解説をしていきます。

どんな車が事故車にあたるのか

事故車と言えば、交通事故によって破損した車を連想しがちですが、実は、そうではありません。それどころか、破損の原因は事故車の定義とはなんら関係がないのです。大事なのは原因ではなく、どの個所を破損したかです。つまり、特定の部位を破損して、交換または修正していると事故車として扱われます。その部位は以下の通りです。

  • フレーム
  • クロスメンバー
  • インサイドパネル
  • ピラー類
  • ダッシュパネル
  • ルーフパネル
  • バックパネル
  • フロア
  • ラジエーターコアサポート

逆に言えば、上記以外の個所であれば、何度修理を行っていたとしても事故車とはならないのです。

要するに、フレームなど走行や強度に影響を与える根幹部分を交換及び修正したのであれば、事故車ですが、ドアやボンネットがいくらへこもうが、それは事故車ではなく、「修理歴のある車」と定義されます。ちょっと不思議な感じもしますが、もし、少しでも修理歴のある車を事故車としてしまうと、中古車のほとんどが当てはまってしまいます。それでは分類をする意味がありませんし、軽微な損傷でも事故車と呼んではイメージが悪くなるという販売者側の事情もあります。

事故車と修復歴車はどう違うの?

中古車業界には、「修復歴車」という言葉がありますが、これは事故車と同じ意味です。フレームやパネルなど上記に挙げた部分を修復した記録のある車を修復歴車と呼びます。ところが、世間一般では事故にあった車を事故車と呼んでいます。それゆえに、事故車という大きな枠組みの中に修復歴車があるのだと思い込んでいる方が少なくありません。しかし、中古自動車業界の中では、事故歴有りの車の枠組みの中に、事故車(修復歴車)があるという構図になっているのです。この認識のギャップを理解していないと業者と話している時に思い違いをしてしまいます。

例えば、販売している中古車を見せてもらっていた客が、「これは事故車ですか?」と尋ね、業者が「いいえ、事故車ではありません」と答えたとします。この時点で、客はこの車は事故を起こしたことがないと思い込むでしょうが、実際は、これだけでは判断ができないのです。それを確かめるには、「この車は、事故歴はありますか?」と尋ねなければなりません。このような小さな行き違いが、後々トラブルにならないとも限らないので、こうした用語の意味は覚えておいた方がよいでしょう。

事故車でも買い取ってもらえる?

交通事故を起こした経験のある方は、自分の車は事故車だから買取ってもらえないと思っているかもしれませんが、そう結論付けるのは早計です。まず、前述のように、事故を起こした車でも業界的には事故車と定義されないものがあります。そうしたものは、なんの問題もなく売却できます。一方、修復歴車と呼ばれる狭義の事故車に対しては、確かに、買取を断る業者もいます。走行や強度に関わる部分を修理した車に乗るのは誰しも不安なため、なかなか買い手が見つからないからです。

しかし最近では、廃車買取業者が増え、どんな状態の車でも査定をしてくれるようになりました。車本体が中古車として売り物にならなかったとしても、取外したパーツを売却するノウハウを持っています。そのようなわけで、たとえひどい状態の事故車でもパーツに価値があると業者が判断すれば、予想以上の査定額を提示してくれる可能性があるのです。

廃車・事故車を高価買取挑戦。レッカー代・書類代行も無料で承ります。無料査定依頼はこちらから

入力カンタン45秒!ネットで無料査定

8:00〜21:30のご依頼なら、最短10分で買取価格をお答えします。

※21:30〜は、翌日の対応とさせていただきます。
プライバシーポリシーをご確認のうえご依頼ください。

車両の情報

メーカー必須
車種必須
年式必須
走行距離必須

お客様の情報

お名前必須
電話番号必須
都道府県必須
メール任意

東証JASDAQ上場ロゴ 名証二部上場ロゴ 株式会社ファブリカコミュニケーションズは東証JASDAQ・名証二部上場企業です。
(証券コード:4193)

当社は10年以上の廃車実績を持つ「株式会社ラグザス・クリエイト」と業務提携しております

お客様の情報は当社から、株式会社ラグザス・クリエイトへと配信され、それぞれ安全に管理されます。
お客様の情報が許可なく公開されることは一切ございません。

  • メーカー
  • 車種
  • 年式
  • 走行距離
  • メーカー
  • 車種
  • 年式
  • 走行距離
  • メーカー
  • 車種
  • 年式
  • 走行距離
  • メーカー
  • 車種
  • 年式
  • 走行距離

お電話でも受付中

「車選びドットコム 査定専用ダイヤル」通話無料0066-9686-66960。8:00〜22:00 年中無休。携帯・PHS OK。お手元に車検証をご用意いただくとスムーズです。

買取から代金お振込みまでの流れ

1.電話かネットで査定依頼・お問合せ。2.成約後にお車を引取。3.必要書類にご記入・送付。4.口座へ代金をお振込み。

その手続き、ちょっと待って!ご自分で廃車手続きをお考えの方へ。知らないうちに「損」しないための、賢い手続き方法とは?

お急ぎください!廃車手続き

今お乗りの愛車を売るなら。比較的軽微な損傷や、自走可能なお車の場合は「車選びドットコムの車買取・一括査定」へ

  • 廃車がはじめての方へ「車選びドットコムの廃車買取とは」
  • 買取からお振込みまでの流れ「廃車買取の流れ」
  • あなたの車の買取価格は?「メーカー・車種別廃車買取価格」
  • エリア別廃車情報「全国廃車・事故車買取マップ」

廃車手続きパーフェクトガイド

廃車コラム

廃車手続き-基本編
廃車手続きの必要書類と手順
廃車にする走行距離と年式の基準
永久抹消登録と一時抹消登録の違い
廃車にする前にやっておきたい準備
廃車にかかる費用は総額どれくらい?
廃車の手続きにかかる日数・時間は?
廃車時の税金・保険料の還付手続き
廃車時に必要な保険の手続き
廃車手続きができる場所
廃車時に取外して良い部品・悪い部品
車検切れの車を廃車する方法
他県ナンバーの車を廃車にする方法
名義の違う車を代理で廃車する方法
車検証の住所・氏名が印鑑証明書と異なる場合
◯◯を紛失した場合の廃車手続き
車種別廃車手続き
軽自動車の廃車手続きには何が必要?
トラックを廃車にするには
排気量別 バイクの廃車手続きの方法
廃車手続き-番外編
放置されている廃車の処理・撤去
ローンの残っている車は廃車にできる?
廃車寸前の車でも買取可能な理由
車を長期間保管するベストな方法
業者や知人から廃車予定の車を買い取ることはできる?
廃車にした車はどうなるの?
廃車を修理・再生するには
廃車にした車・バイクを再登録するには
廃車にする前にやりたい愛車の供養
廃車買取業者の選び方
こんな業者に注意!廃車買取に関するトラブル
なぜ無料で廃車買取ができるのか
年間で廃車される車の台数
リサイクル法って何?預託金とは?
動かない車を処分したいけど...不動車はどう処分?
車の処分はディーラーでもやってくれる?
金融車を処分するにはどうしたらいいですか?
車検証の所有者名義が違います。他人名義の車は代理で処分できるの?
車処分方法・タイミング
車を賢く処分する方法まとめ
車のバッテリーの処分方法を解説!廃棄場所や回収費用は?
車の純正・社外品パーツの処分方法とは?捨て方や注意点を知ろう
タイヤ・ホイールを処分する方法まとめ!捨て方や料金などを解説
車のマフラーを処分する方法は?純正から社外に変えた場合も
期限切れの発煙筒・三角表示板・ジャッキを処分する方法
車に使ったワックス・洗剤は何ゴミで処分する?
転勤・引越しで車を処分する場合、引っ越し前と後はどちらがいいのか
車を処分するおすすめ時期5選!ベストなタイミングはいつなのか
車を処分して節約したい!維持するより処分する方が得する?

事故車コラム