普通自動車の廃車手続き

廃車手続きは、普通自動車と軽自動車で準備する書類の種類や手続き方法が異なります。これは、普通自動車と軽自動車を管理管轄する機関が異なるためです。ここでは普通自動車の廃車に掛かる手続きを詳細に解説します。煩雑な手続きもございますが、買取サービスをご利用いただく場合は、必要な書類手配についてガイドしますのでご安心ください。
軽自動車の廃車手続についてはこちらをご覧ください。

普通自動車とは

ここで手続きを解説する「普通自動車」は、白いナンバープレートの四輪自動車です。(緑のナンバープレートの自動車については手続きが少し異なりますので専門のスタッフがご説明致します。廃車買取サービスのご依頼時にご相談ください。)
平成19年に施行された道路交通法の改正により、免許証では「普通自動車」と「中型自動車」および「大型自動車」というように免許区分が分けられていますが、廃車時の名義変更や抹消の手続きに必要な書類は白いナンバープレートの車は同様になっています。

廃車(普通自動車)に必要な書類

自動車検査証(車検証)
自動車検査証(車検証)サンプル画像
自賠責保険証明書
車検切れの場合は不要
自賠責保険証明書サンプル画像
リサイクル券
リサイクル券サンプル画像
印鑑証明書
印鑑証明書サンプル画像
本人確認(身分証明書)
本人確認(身分証明書)サンプル画像

これらの他に、公的な書類にご捺印いただくため印鑑(実印)が必要です。

必要書類を失くした場合はこちら

書類を用意し内容をご確認ください

1 車検証の「所有者」欄をご確認ください

車検証には「所有者」と「使用者」の記載欄があり、それぞれに名前と住所が記載されています。この所有者についての事務書類を整えていく必要があります。
廃車を行うには、陸運局で抹消登録の手続きを行いますが、その際に「車検証の所有者」と、この後で説明する「印鑑証明」に記載されている氏名・住所が同一でなければ手続きが完了しません。

車検証の「所有者」欄拡大図
住所や氏名が異なる場合など
住所が異なる場合
  • 合併などで郡・町が市に変更になった場合は追加書類はありません。
  • 合併などで番地が変更になった場合は「町名地番変更等証明書」が必要です。
結婚等で姓が異なる場合
  • 車検証と印鑑証明の記載が異なる場合に、それぞれの書類の情報が一致していることを証明するため「戸籍謄本」が必要です。
引っ越しをした場合
  • 引越しが1回の場合、新しい住所での「住民票」が追加で必要です。
  • 引越しが2回以上の場合は、「住民票」に加えて「戸籍の附票」が必要です。

2 印鑑証明書の有効期限を確認してください

本サービスでは、廃車のお引取を行ってから、お客様の地域を管轄する陸運局で車両の抹消手続きを行います。その際に「印鑑証明書」が必要となります。この印鑑証明書には発行から3ヶ月の有効期限があります。
廃車のお引取をしてから、手続きが完了するまで長い場合は2週間程度の日数がかかりますので、有効期限が1ヶ月以上残っている(発行から2ヶ月以内の)印鑑証明書をご用意ください。

3 印鑑証明書と同じ印鑑をご用意ください

陸運局での抹消登録の手続きでは、お客様の捺印のある書類を提出する必要があります。このときの捺印に使う印鑑は、印鑑証明のものと同一でなければなりません。
印鑑証明書と似ている印鑑でも、書類が受理されず処理が進められませんので、必ず同一の印鑑をご用意いただくようにお願い致します。
また、押印が不鮮明な場合など、書類上で同じ印鑑であることが確認できない場合も同様に書類が不受理になる場合がありますのでご注意ください。

追加書類が必要となるケース

ここまでで解説した様に、廃車(車両の抹消登録)を完了するためには、上記の書類を不備なく用意し陸運局で手続きを行います。ここでは上記以外に追加の書類を用意するケースについて解説します。
引越しによる住所変更や、車検証記載の所有者が異なる場合の委任状など、主にお客様自身で、市役所で取得していただく書類が主になりますので、よくお読みになって準備をお願いいたします。

ケース1.「車検証」と「印鑑証明」の住所・氏名の情報が異なる場合

引っ越し等により、車検証の所有者、印鑑証明書それぞれの氏名・住所が異なっている場合は、住民票または戸籍謄本の附票が必要になります。これらの書類を市役所等で手配してください。

「車検証」と「印鑑証明」の住所・氏名の情報が異なる場合の必要書類

更に以下に該当する場合は用意する書類が異なります。詳しくはお問合せください。

  • 引っ越しを2回以上行っている場合には戸籍の附票が必要となります。
  • 市区町村の合併等により「町名・番地」等に変更がある場合は「町名地番変更等証明書」が必要になります。
  • 上記以外に、ご結婚により姓が変更になった場合は戸籍謄本が必要になります。

ケース2.車の所有者がローン会社や法人の場合

所有者がお客様ご本人ではなくローン会社や法人の場合は、所有者の「印鑑証明」と「譲渡証明書」および「委任状」(車両の抹消に関わる手続きを委任する書類)が必要です。多くの場合は、車を購入した店舗に書類を請求し手配してもらいます。

車の所有者がローン会社や法人の場合の必要書類

ケース3.所有者がお亡くなりの場合

車の所有者(車検証の所有者欄に記載)が亡くなった場合は、車は遺産となり遺産相続の対象となります。そのため、廃車を行うには「遺産分割協議書」や「除籍謄本」など遺産相続に関わる書類が必要となります。

所有者がお亡くなりの場合の必要書類

次の場合には必要な書類が異なりますのでご注意ください。

相続人が一人の場合 相続人が一人であることを証明できる「戸籍謄本」が必要。
遺言状がある場合 遺言状原本と、所有者の亡くなった事が分かる「除籍謄本」
家族関係が分かる「謄本」代表相続人の「印鑑証明書」「譲渡証明書」「委任状」
相続人内に除籍された方がいる場合 その方の除籍される前の情報が記載されている「戸籍謄本(改正前原戸籍)」

ケース4.所有者が未婚の未成年の場合

所有者が未婚かつ未成年者の場合は、所有者と親権者の続柄の分かる「戸籍謄本」と、親権者の「印鑑証明書」などが追加で必要となります。婚姻されている場合は基本的に成人と同じ扱いになり親権者の同意書は不要ですが、 婚姻が確認できるように所有者ご本人の「戸籍謄本」が必要です。

所有者が未婚の未成年の場合の必要書類

面倒な書類手続きもすべて
「車選び.comの廃車買取」にお任せください。

廃車買取の専門スタッフが丁寧にご案内します。お気軽にお問合せください。

廃車・事故車を高価買取保証。レッカー代・書類代行も無料で承ります。無料査定依頼はこちらから

お急ぎの方はお電話ください。

「車選び.com 買取コールセンター」通話無料0120-917-508。8:00〜22:00 年中無休。携帯・PHS OK。お手元に車検証をご用意いただくとスムーズです。

入力カンタン20秒!ネットで無料査定

8:00〜21:30のご依頼なら、最短10分で買取価格をお答えします。

※21:30〜は、翌日の対応とさせていただきます。
プライバシーポリシーをご確認のうえご依頼ください。

車両の情報

メーカー必須
メーカー名を選んでください
車種必須
車種名を選んでください
年式必須
おおよそでOKです
走行距離必須
おおよそでOKです

お客様の情報

お名前必須
電話番号必須
メール必須
都道府県必須

買取から代金お振込みまでの流れ

1.電話かネットで査定依頼・お問合せ。2.成約後にお車を引取。3.必要書類にご記入・送付。4.口座へ代金をお振込み。

その手続き、ちょっと待って!ご自分で廃車手続きをお考えの方へ。知らないうちに「損」しないための、賢い手続き方法とは?

お急ぎください!廃車手続き

12月末までに
抹消登録(廃車)すると、
自動車税が
3ヶ月分戻ってきます。

今お乗りの愛車を売るなら。比較的軽微な損傷や、自走可能なお車の場合は「車選び.comの車買取・一括査定」へ

  • 廃車がはじめての方へ「車選び.comの廃車買取とは」
  • 買取からお振込みまでの流れ「廃車買取の流れ」
  • あなたの車の買取価格は?「メーカー・車種別廃車買取価格」
  • エリア別廃車情報「全国廃車・事故車買取マップ」

廃車手続きパーフェクトガイド

廃車コラム

廃車手続き-基本編
廃車手続きの必要書類と手順
廃車にする走行距離と年式の基準
永久抹消登録と一時抹消登録の違い
廃車にする前にやっておきたい準備
廃車する時にかかる費用はどれくらい?
廃車にはどれくらい日数がかかるの?
廃車時の税金・保険料の還付手続き
廃車時に必要な保険の手続き
廃車手続きができる場所
廃車時に取外して良い部品・悪い部品
車検切れの車を廃車する方法
他県ナンバーの車を廃車にする方法
他人名義の車を廃車する方法
車検証の住所・氏名が印鑑証明書と異なる場合
◯◯を紛失した場合の廃車手続き
車種別廃車手続き
軽自動車の廃車手続きには何が必要?
トラックを廃車にするには
排気量別 バイクの廃車手続きの方法
廃車手続き-番外編
放置されている廃車の処理・撤去
ローンの残っている車は廃車にできる?
廃車寸前の車でも買取可能な理由
車を長期間保管するベストな方法
業者や知人から廃車予定の車を買い取ることはできる?
廃車にした車はどうなるの?
廃車を修理・再生するには
廃車にした車・バイクを再登録するには
廃車にする前にやりたい愛車の供養
廃車買取業者の選び方
こんな業者に注意!廃車買取に関するトラブル
なぜ無料で廃車買取ができるのか
年間で廃車される車の台数
リサイクル法って何?預託金とは?

事故車コラム