こんな買取業者に注意!廃車買取に関するトラブル

廃車買取業者は、どんなにボロボロな車でも買い取り、しかも、廃車手続きまで引き受けてくれる大変ありがたい存在です。しかし、どんなに優れたサービスでも、確認不足などからトラブルに発展してしまう事例はあるものです。ここでは、廃車の処理を業者に依頼する際に事前によく確認したいこと、またトラブルになってしまった場合の解決策についてケース別にご紹介します。

料金にまつわるトラブル

廃車の買取サービスでよく聞くトラブルとして、料金の問題が挙げられます。例えば、不真面目な業者では、最初に車を2万円で買い取ると言って、後で廃車手続きの手数料として3万円を請求し、差し引きではマイナスになってしまうという場合があります。これは廃車手続きに慣れていないお客様に、最初に情報を開示しない業者側に基本的な問題がありますが、このようなトラブルにお客様の方で備えるには、事前に手数料がいくら掛かるのかを業者に良く確認し、納得の上で取引されることが重要です。

また、最初の査定では10万円で買い取ると言っておきながら、後から問題が見つかったという理由で額を大幅に下げられるというケースもあります。特にオンラインでのみ見積もりをした場合、写真などで確認はできるものの、実際の車を見ずに見積もりを出しているため不正確なものになります。その金額を基準に取引を進めると、後で齟齬が生じる可能性が大きくなります。そのため、オンラインの査定金額を鵜呑みにせず、必ず出張見積もりでも実物を確認してもらって算出された正確な金額を元にその後の取引を進めていくと良いでしょう。また、廃車とはいえ瑕疵担保責任は売主(お客様側)にも発生しますから、もし既に知っている故障・不調などがあればきちんと告げておくことも大切です。

出張見積もりにも注意が必要です。出張見積りは便利なサービスですが、中には、勝手に金額を告げて、引き取りに応じるまで居座るといった悪徳業者によるトラブルもあると言います。この様なトラブルを避けるためには、悪徳業者を排除した一括査定のような仕組みを利用するなど、安心できるサービスを利用することが大切です。また、女性やお年寄りの方で車に詳しくないから心配があるといった場合は、複数の人が対応できる時間を選んで出張を依頼することで、このようなトラブルを避けることができるでしょう。悪徳業者に当たってしまって、はっきり断っても帰ってくれない場合には居座りに該当しますので、躊躇せずに警察に連絡しましょう。

専用オペレーターが安心・丁寧に無料サポート。

廃車手続きは全て無料。0円以上で買取保証します!

還付の説明は十分か

廃車手続きの際に受け取りができる還付金は、自動車税、自動車重量税、自賠責保険の3つです。自動車税は、翌月から次の3月までの税金を返還してもらえます(軽自動車に限っては、もともと税金の額が少ないため自動車税の還付がありません)。また自動車重量税と自賠責保険は、有効期間が1ヵ月以上残っていれば残金すべてが返ってきます。

しかし、実際のところ業者が依頼者に還付金について知らせる義務はありません。中には、不真面目な業者がそれらの還付金を黙って自分のものにしてしまうケースもあると言います。その様な業者では、お客様が後で還付金をもらってないことに気づいて確認しても「手数料との相殺に利用した」など、理由をつけて返金されないことが多くある様です。

このようなトラブルを避けるためには、不真面目な業者を排除したサービスを利用することが何より大切です。またお客様の側でできることは、廃車の引き取りを正式に依頼する際にに「還付金はいつ頃振り込まれるか?」を業者に対してしっかりと確認しておくと良いでしょう。また、こちらから切出さなくても、事前にこのような説明を行う業者は信頼できる業者であるといえます。

本当に「廃車」になっている?

悪質な業者の中でも特に問題があるのは、廃車手続きを引き受けたにも関わらず、実際は何もしていないケースです。廃車手続きが完了していない場合、登録上はまだ自分の車であるため次の年も自動車税を払わなくてはなりません。それだけなら、その時点で廃車していない事実に気がつくため、損失は1年分の税金だけで済むでしょう。しかし、気づかない間に自動車が転売されて、自分の車で犯罪行為などが行われた時は、所有者の責任を負うことになってしまいます。

ただ、廃車手続きを依頼した車が公道を走っていたからといって「解体処分されたはずの車が走っている。騙された!」と思うのは早計です。同じ廃車手続きでも「永久抹消登録」をする場合は解体処理が前提ですが「一時抹消登録」なら、その後に再登録をして中古車として販売することも問題ありません。あるいは「輸出抹消仮登録」を行って、海外に販売するケースもあります。廃車を専門に行う業者は、一般には廃車になってしまう車でも、まだ利用できるものであれば、正しい手続きを取って最も活用される方法を採用し、そこから利益を出しているのです。正しい業者に依頼をすれば、名義変更など必要な手続きも速やかに行われるため、その車を悪用されるといったことはありません。

廃車後の手続きが心配な場合は、買取業者にどのような廃車手続き(抹消/一時抹消/輸出)をするのかを確かめ、廃車手続きや名義変更の証拠書類を送ってもらう様にしましょう。もし、書類が届かなければ、業者に確認することを忘れない様にしてください。

優良な廃車業者の特徴

トラブルが生じにくい優良な買取会社の特徴を抑えておくことで、ここまでに述べたようなトラブルを未然に防げます。

・手数料が掛からないことが明記してある

売却時に手数料が掛からないことをホームページ等に明記している業者はやはり優良なところが多く、車を売る側としても安心感があることでしょう。

・事前説明がしっかりとしている

還付金のところでも述べましたが、事前説明がしっかりしている業者であれば、こちらが分からない点については納得するまで質問することができ安心して売ることができます。

・動かすことができない車を無料でレッカー移動してくれる

車のバッテリーが上がっている等の理由で車を移動できない場合に、本来なら料金の掛かるレッカー移動を無料で行ってくれる業者であれば、一定以上の信頼を持っている業者であると考えて良いかもしれません。

まとめ

廃車売却時のトラブルには、料金、還付金、廃車処理の大きく3種類のトラブルが起こり得ることを紹介しました。

廃車の手続きは人生で何度も行うものではないので、なるべくこのようなトラブルが起きないように、事前に業者の評判などを確認してから売却先を決めると良いでしょう。

「車選びドットコムの廃車買取」はどんな状態の車でも、廃車買取・廃車手続きを行うサービスです。書類やレッカーの手配も無料で行いますので安心してご依頼いただけます。不安なことは事前に専門のオペレータに質問し解決できますので、ぜひご利用ください。

廃車・事故車を高価買取挑戦。レッカー代・書類代行も無料で承ります。無料査定依頼はこちらから

入力カンタン45秒!ネットで無料査定

8:00〜21:30のご依頼なら、最短10分で買取価格をお答えします。

※21:30〜は、翌日の対応とさせていただきます。
プライバシーポリシーをご確認のうえご依頼ください。

車両の情報

メーカー必須
車種必須
年式必須
走行距離必須

お客様の情報

お名前必須
電話番号必須
都道府県必須
メール任意

東証JASDAQ上場ロゴ 名証二部上場ロゴ 株式会社ファブリカコミュニケーションズは東証JASDAQ・名証二部上場企業です。
(証券コード:4193)

当社は10年以上の廃車実績を持つ「株式会社ラグザス・クリエイト」と業務提携しております

お客様の情報は当社から、株式会社ラグザス・クリエイトへと配信され、それぞれ安全に管理されます。
お客様の情報が許可なく公開されることは一切ございません。

  • メーカー
  • 車種
  • 年式
  • 走行距離
  • メーカー
  • 車種
  • 年式
  • 走行距離
  • メーカー
  • 車種
  • 年式
  • 走行距離
  • メーカー
  • 車種
  • 年式
  • 走行距離

お電話でも受付中

「車選びドットコム 査定専用ダイヤル」通話無料0066-9686-66960。8:00〜22:00 年中無休。携帯・PHS OK。お手元に車検証をご用意いただくとスムーズです。

買取から代金お振込みまでの流れ

1.電話かネットで査定依頼・お問合せ。2.成約後にお車を引取。3.必要書類にご記入・送付。4.口座へ代金をお振込み。

その手続き、ちょっと待って!ご自分で廃車手続きをお考えの方へ。知らないうちに「損」しないための、賢い手続き方法とは?

お急ぎください!廃車手続き

今お乗りの愛車を売るなら。比較的軽微な損傷や、自走可能なお車の場合は「車選びドットコムの車買取・一括査定」へ

  • 廃車がはじめての方へ「車選びドットコムの廃車買取とは」
  • 買取からお振込みまでの流れ「廃車買取の流れ」
  • あなたの車の買取価格は?「メーカー・車種別廃車買取価格」
  • エリア別廃車情報「全国廃車・事故車買取マップ」

廃車手続きパーフェクトガイド

廃車コラム

廃車手続き-基本編
廃車手続きの必要書類と手順
廃車にする走行距離と年式の基準
永久抹消登録と一時抹消登録の違い
廃車にする前にやっておきたい準備
廃車にかかる費用は総額どれくらい?
廃車の手続きにかかる日数・時間は?
廃車時の税金・保険料の還付手続き
廃車時に必要な保険の手続き
廃車手続きができる場所
廃車時に取外して良い部品・悪い部品
車検切れの車を廃車する方法
他県ナンバーの車を廃車にする方法
名義の違う車を代理で廃車する方法
車検証の住所・氏名が印鑑証明書と異なる場合
◯◯を紛失した場合の廃車手続き
車種別廃車手続き
軽自動車の廃車手続きには何が必要?
トラックを廃車にするには
排気量別 バイクの廃車手続きの方法
廃車手続き-番外編
放置されている廃車の処理・撤去
ローンの残っている車は廃車にできる?
廃車寸前の車でも買取可能な理由
車を長期間保管するベストな方法
業者や知人から廃車予定の車を買い取ることはできる?
廃車にした車はどうなるの?
廃車を修理・再生するには
廃車にした車・バイクを再登録するには
廃車にする前にやりたい愛車の供養
廃車買取業者の選び方
こんな業者に注意!廃車買取に関するトラブル
なぜ無料で廃車買取ができるのか
年間で廃車される車の台数
リサイクル法って何?預託金とは?
動かない車を処分したいけど...不動車はどう処分?
車の処分はディーラーでもやってくれる?
金融車を処分するにはどうしたらいいですか?
車検証の所有者名義が違います。他人名義の車は代理で処分できるの?
車処分方法・タイミング
車を賢く処分する方法まとめ
車のバッテリーの処分方法を解説!廃棄場所や回収費用は?
車の純正・社外品パーツの処分方法とは?捨て方や注意点を知ろう
タイヤ・ホイールを処分する方法まとめ!捨て方や料金などを解説
車のマフラーを処分する方法は?純正から社外に変えた場合も
期限切れの発煙筒・三角表示板・ジャッキを処分する方法
車に使ったワックス・洗剤は何ゴミで処分する?
転勤・引越しで車を処分する場合、引っ越し前と後はどちらがいいのか
車を処分するおすすめ時期5選!ベストなタイミングはいつなのか
車を処分して節約したい!維持するより処分する方が得する?

事故車コラム