排気量別 バイクの廃車手続きの方法

どこかへ出かけるときのパートナーは車だけではなく、バイクがあなたの愛車かもしれません。バイクは排気量によって廃車の手続きの場所、書類が違うのをご存知でしょうか?ここでは、それぞれ手続きの仕方や必要な書類についてご説明します。

125cc未満の原付・バイクの廃車手続き

125cc未満の原付・バイクの廃車手続きに必要な書類

  • 車検証
  • ナンバープレート
  • 軽自動車税申告書
  • 標識交付証明書(ナンバープレートを交付された際に受け取った書類)
  • 廃車申告書(市町村役所にて入手できます)
  • 認印のための「印鑑」

125cc未満のバイクの廃車に関する申請は、お住まいの市町村役所で行います。車の廃車手続きには、永久的に使わないようにする「永久抹消登録」と一時的に車両の使用をストップする「一時抹消登録」がありますが、バイクの場合も車と同じく2種類の廃車方法があります。実際にバイクそのものを持ち込むのではなく、書類上の手続きだけで済むのですがナンバープレートは返納しなくてはならないのであらかじめ外しておきましょう。このナンバープレートを交付されたときにもらう「標識交付証明書」も必要です。認印のための「印鑑」と「廃車申告書」も用意します。廃車申告書は市町村役所にあるので窓口に廃車の旨伝えて入手しましょう。

一時抹消登録の場合は、手続きが終了すると廃車証明書が発行されますが、バイクを再度登録するとき必要なので大事に保管しましょう。永久抹消登録は解体業者に依頼し、スクラップにしてもらいます。解体費用はかかりますが、廃車手続きは無料でできます。自賠責保険の有効期限中に廃車したなら還付されるので、書類の提出が無事終了したあとは解約も忘れないようにしたいものです。

250cc未満のバイクの廃車手続き

125cc~250cc未満のバイクの廃車手続きに必要な書類

  • 車検証
  • ナンバープレート
  • 軽自動車税申告書
  • 標識交付証明書(ナンバープレートを交付された際に受け取った書類)
  • 軽自動車届出済証
  • 軽自動車届出済証返納証明書交付請求書
  • 認印のための「印鑑」

※陸運局の管轄外に住んでいる場合は「住民票」も必要です。

125cc未満のバイクの手続きとこの種類のバイクの廃車手続きの異なる点は、書類の申請先が陸運局であるということと提出書類が増えるところです。まず「ナンバープレート」は返却するので外すこと、「軽自動車届出済証」「軽自動車届出済証返納証明書交付請求書」、「印鑑」と廃車手続きを予定している陸運局の管轄外に住んでいる場合には「住民票」が必要です。軽自動車届出済証返納証明書交付請求書は、陸運局にて入手可能なので廃車当日でも問題ないでしょう。軽自動車届出済証はナンバープレートをもらったときに発行されていて、万が一紛失しているときは陸運局で再発行してもらいましょう。

バイクを他の人に譲渡する予定があり、そのための一時抹消をするなら「軽自動車届出済証返納届」も必要です。スクラップしてもう二度と乗ることがない永久抹消なら用意しなくてよいものです。「軽自動車届出済証返納済確認書」と「軽自動車届出済証返納証明書」を受領したらこれらは再登録時に使用するので大切に保管し、軽自動車税を止める手続きもしなくてはなりません。廃車したのに税金の請求が来たら困りますよね。自賠責保険の還付も忘れてはなりません。有効期限を調べ保険会社に問い合わせましょう。

250cc以上のバイクの廃車手続き

250cc以上のバイクの廃車手続きに必要な書類

  • 車検証
  • ナンバープレート
  • 軽自動車税申告書
  • 標識交付証明書(ナンバープレートを交付された際に受け取った書類)
  • 抹消登録申請書
  • 認印のための「印鑑」

※陸運局の管轄外に住んでいる場合は「住民票」も必要です。

最後に排気量250cc以上の廃車ですが、手続きする場所は250cc未満のときと同じく陸運局です。必要なものは、「ナンバープレート」と「車検証」、「軽自動車税申告書」、「手数料納付書」と「印鑑」それから「抹消登録申請書」が手続きの書類です。抹消登録には永久抹消と一時抹消がありますが、バイクを売りたいときの申請では一時抹消の方にチェックを入れます。軽自動車税申告書、抹消登録申請書と手数料納付書は陸運局で入手して、もし車検証をなくしたときも陸運局で再度発行してもらえるので申し出ましょう。手数料納付書には手数料印紙(350円)を貼り提出します。ナンバープレートがありませんという人は、どうして手元にないのか訳を示す理由書に明確な理由を記入しなくてはならないので注意が必要です。必要書類を窓口に出した後は他の排気量のケースと同じように自賠責保険還付金のための請求をすること、一時抹消の場合には再登録のため廃車手続き後に陸運局から「自動車検査証返納証明書」が渡されるのでしっかり保管しましょう。

このように排気量によって異なるバイクの廃車手続きですが、地域によっては郵送で手続きが可能な場合もあります。詳しくは、お住まいの市町村役所、または管轄の陸運局までお問合せください。

廃車・事故車を高価買取保証。レッカー代・書類代行も無料で承ります。無料査定依頼はこちらから

お急ぎの方はお電話ください。

「車選び.com 買取コールセンター」通話無料0120-917-508。8:00〜22:00 年中無休。携帯・PHS OK。お手元に車検証をご用意いただくとスムーズです。

入力カンタン20秒!ネットで無料査定

8:00〜21:30のご依頼なら、最短10分で買取価格をお答えします。

※21:30〜は、翌日の対応とさせていただきます。
プライバシーポリシーをご確認のうえご依頼ください。

車両の情報

メーカー必須
メーカー名を選んでください
車種必須
車種名を選んでください
年式必須
おおよそでOKです
走行距離必須
おおよそでOKです

お客様の情報

お名前必須
電話番号必須
メール必須
都道府県必須

買取から代金お振込みまでの流れ

1.電話かネットで査定依頼・お問合せ。2.成約後にお車を引取。3.必要書類にご記入・送付。4.口座へ代金をお振込み。

その手続き、ちょっと待って!ご自分で廃車手続きをお考えの方へ。知らないうちに「損」しないための、賢い手続き方法とは?

お急ぎください!廃車手続き

12月末までに
抹消登録(廃車)すると、
自動車税が
3ヶ月分戻ってきます。

今お乗りの愛車を売るなら。比較的軽微な損傷や、自走可能なお車の場合は「車選び.comの車買取・一括査定」へ

  • 廃車がはじめての方へ「車選び.comの廃車買取とは」
  • 買取からお振込みまでの流れ「廃車買取の流れ」
  • あなたの車の買取価格は?「メーカー・車種別廃車買取価格」
  • エリア別廃車情報「全国廃車・事故車買取マップ」

廃車手続きパーフェクトガイド

廃車コラム

廃車手続き-基本編
廃車手続きの必要書類と手順
廃車にする走行距離と年式の基準
永久抹消登録と一時抹消登録の違い
廃車にする前にやっておきたい準備
廃車する時にかかる費用はどれくらい?
廃車にはどれくらい日数がかかるの?
廃車時の税金・保険料の還付手続き
廃車時に必要な保険の手続き
廃車手続きができる場所
廃車時に取外して良い部品・悪い部品
車検切れの車を廃車する方法
他県ナンバーの車を廃車にする方法
他人名義の車を廃車する方法
車検証の住所・氏名が印鑑証明書と異なる場合
◯◯を紛失した場合の廃車手続き
車種別廃車手続き
軽自動車の廃車手続きには何が必要?
トラックを廃車にするには
排気量別 バイクの廃車手続きの方法
廃車手続き-番外編
放置されている廃車の処理・撤去
ローンの残っている車は廃車にできる?
廃車寸前の車でも買取可能な理由
車を長期間保管するベストな方法
業者や知人から廃車予定の車を買い取ることはできる?
廃車にした車はどうなるの?
廃車を修理・再生するには
廃車にした車・バイクを再登録するには
廃車にする前にやりたい愛車の供養
廃車買取業者の選び方
こんな業者に注意!廃車買取に関するトラブル
なぜ無料で廃車買取ができるのか
年間で廃車される車の台数
リサイクル法って何?預託金とは?

事故車コラム