放置されている車の処理・撤去

私有地に自動車を放置するのは大変な迷惑行為です。車の所有者が撤去に応じなかったり、所有者が見つからなかったりした場合はどうすればよいのでしょうか? ここでは、放置車両への対処法について解説をしていきます。

放置車両は勝手に廃車にできる?

自分の土地に知らない人の車が放置されていたとしても、いきなりそれを処分してしまうと所有者に訴えられる可能性があります。いくらこちらが迷惑を被っているとしても、車の所有権は持ち主にあるため、手順を踏んで処理をしなければなりません。

1.持ち主の調査

まず、警察に連絡をして持ち主を調べてもらいます。警察には民事不加入という原則があるので、放置車両の撤去はできませんが、その車が犯罪と関係があれば、保管のために移動してくれる場合もあります。また、犯罪に関係ない場合でも、警察から所有者に連絡をしてもらい、所有者が素直に車を引き取りにくれば一件落着です。

2.撤去の要請

もし引き取りに応じない場合は、内容証明郵便を送り、あらためて車の撤去を要求します。相手の住所が不明の場合は、陸運局でナンバープレートの登録番号と車台番号を伝え、現在登録事項等証明書を取得する必要があります。また、ナンバープレートが取り外されている場合でも、車台番号全桁が分かれば所有者の情報を取得することができます。
逆に、登録番号は分かるが車台番号が不明という時は、放置車両が停めてある場所の配置図、放置車両やナンバープレートの写真、身分証明書などを提示すれば、申請が可能になります。ただし、軽自動車には現在登録事項等証明書の制度がないため、住所を知るには軽自動車協会に行き、情報の開示を申請しなければなりません。

3.司法判断

住所が判明し、内容証明を送ってもこちらの要求に応えない場合、簡易裁判所で訴訟を起こします。勝訴を取得すれば、車の競売手続きを裁判所に申し立て、自分でその車を落札します。その時点で、車は自分のものになるので撤去が可能です。
しかし、車に競売手続きの費用に見合う価値がないと裁判所が判断した場合は、競売そのものができません。その際は、執行官が勝訴判決に基づいて強制執行を執り行い、車の処分を原告側に任せるという形をとります。本来、ナンバープレートの付いている車を処分した時は、廃車手続きをする必要がありますが、それを行うには所有者がいなくてはなりません。この場合は、ナンバープレートごと解体業者に引き取ってもらい、後の処置を委ねます。

持ち主がどうしても分からないときは

しかし、中にはナンバープレートは取り外され、車台番号も削りとられているため持ち主が見つからない、あるいは、持ち主は判明したものの所在不明で連絡がとれないというケースがあります。その場合は、「この車がいつから無断駐車をしており、いつまでに連絡がなければ処分します」という旨の警告文を車の前後のガラスに貼っておきましょう。そして、期日がすぎても連絡がなければ、業者を呼んで処分をしてもらいます。ただし万が一、後になって所有者から訴えられた時のために、処分までの経緯を立証できる証人や証拠を揃えておいた方が無難でしょう。

放置車両を廃車にするときに必要な費用

放置車両を処分する際にかかる費用は、業者や条件によっても異なりますが、相場は1万円~2万円程度でしょう。ただ、タイヤの空気が抜けている、鍵がない、車内がゴミだらけといったように、車の状態が悪ければそれだけ料金も高くなります。さらに、古い車の場合は、リサイクル料金が未払いの可能性があります。その場合、軽自動車は8千円、普通乗用で1万円、外国車なら1万5千円程度が加算されます。したがって、1万円以内で収まったというケースがある一方で、撤去に5万円以上もかかってしまうという可能性もあります。

しかし、一番費用がかかるのは、裁判を起こした時です。弁護士に依頼すれば50万円前後、自分で手続きをしても7万円程度の費用が必要です。もちろん、放置車両の所有者に、無断駐車による損害賠償を請求し、裁判費用を相殺するという手段はあります。しかし、廃車手続きの費用が払えずに車を放置した相手の場合、賠償金の回収は極めて困難です。裁判に勝ち、強制執行の手続きをしても、相手に財産がなければどうしようもできません。しかも、裁判となると、自分の時間も犠牲にせざるを得ず、それだけも大きな損失になります。

放置車両を廃車買取に出すことはできる?

放置車両の問題が長期化すれば、金銭的にも精神的にも大きなダメージとなり、無断駐車を続けられる方にとってはなんとも腹立たしいものです。しかし、それなら金に換えてしまえと、勝手に他人の車を買取業者に売ったりすれば違法行為になりますし、そもそも車の買い取りは、放置車両であっても所有者自身が行う必要があります。

車を放置する理由は色々考えられますが、最も可能性が高いのが、廃車手続きの費用が払えない、あるいは払いたくないからです。しかし最近は、廃車手続きを無料で引き受けてくれる廃車専門の買取業者が増えています。還付金も所有者の元に戻ってきますし、場合によっては買取査定で意外な高値がつく可能性もあります。車を放置した本人はその事実を知らない可能性があり、知れば廃車手続きを依頼しようという気になるかもしれません。連絡がつくのであれば、車両を放置したまま話がこじれる前に買取査定を薦めてみてはいかがでしょうか。

廃車・事故車を高価買取保証。レッカー代・書類代行も無料で承ります。無料査定依頼はこちらから

お急ぎの方はお電話ください。

「車選び.com 買取コールセンター」通話無料0120-917-508。8:00〜22:00 年中無休。携帯・PHS OK。お手元に車検証をご用意いただくとスムーズです。

入力カンタン20秒!ネットで無料査定

8:00〜21:30のご依頼なら、最短10分で買取価格をお答えします。

※21:30〜は、翌日の対応とさせていただきます。
プライバシーポリシーをご確認のうえご依頼ください。

1. お車の情報

メーカー必須 車種必須
年式必須 走行距離必須

2. お客様の情報

お名前必須 お電話番号必須
メール必須 都道府県必須

「お電話番号」は市外局番から、数字のみご入力ください。

買取から代金お振込みまでの流れ

1.電話かネットで査定依頼・お問合せ。2.成約後にお車を引取。3.必要書類にご記入・送付。4.口座へ代金をお振込み。

その手続き、ちょっと待って!ご自分で廃車手続きをお考えの方へ。知らないうちに「損」しないための、賢い手続き方法とは?

お急ぎください!廃車手続き

10月末までに
抹消登録(廃車)すると、
自動車税が
5ヶ月分戻ってきます。

今お乗りの愛車を売るなら。比較的軽微な損傷や、自走可能なお車の場合は「車選び.comの車買取・一括査定」へ

  • 廃車がはじめての方へ「車選び.comの廃車買取とは」
  • 買取からお振込みまでの流れ「廃車買取の流れ」
  • あなたの車の買取価格は?「メーカー・車種別廃車買取価格」
  • エリア別廃車情報「全国廃車・事故車買取マップ」

廃車手続きパーフェクトガイド

廃車コラム

廃車手続き-基本編
廃車手続きの必要書類と手順
廃車にする走行距離と年式の基準
永久抹消登録と一時抹消登録の違い
廃車にする前にやっておきたい準備
廃車する時にかかる費用はどれくらい?
廃車にはどれくらい日数がかかるの?
廃車時の税金・保険料の還付手続き
廃車時に必要な保険の手続き
廃車手続きができる場所
廃車時に取外して良い部品・悪い部品
車検切れの車を廃車する方法
他県ナンバーの車を廃車にする方法
他人名義の車を廃車する方法
車検証の住所・氏名が印鑑証明書と異なる場合
◯◯を紛失した場合の廃車手続き
車種別廃車手続き
軽自動車の廃車手続きには何が必要?
トラックを廃車にするには
排気量別 バイクの廃車手続きの方法
廃車手続き-番外編
放置されている廃車の処理・撤去
ローンの残っている車は廃車にできる?
廃車寸前の車でも買取可能な理由
車を長期間保管するベストな方法
業者や知人から廃車予定の車を買い取ることはできる?
廃車にした車はどうなるの?
廃車を修理・再生するには
廃車にした車・バイクを再登録するには
廃車にする前にやりたい愛車の供養
廃車買取業者の選び方
こんな業者に注意!廃車買取に関するトラブル
なぜ無料で廃車買取ができるのか
年間で廃車される車の台数
リサイクル法って何?預託金とは?

事故車コラム