車を賢く処分する方法まとめ

新車を購入する予定なので古い車を手放したい、車に乗る機会が減ったのでもう必要ない、など今所有している車を処分したいと考えている人も少なくないでしょう。車を処分する方法はいくつか考えられますが、それぞれに特徴があります。この記事では、車を賢く処分する方法や、処分の際に必要となる書類について解説していきます。

車の処分方法はどんなものがあるか

車の処分方法は手放す予定の車の状態により、大きく2タイプにわけられます。今後もまだ乗れるのか、壊れてしまって動かないのかです。壊れてしまって動かない場合は、廃車手続きをして処分するしかありませんよね。廃車とは車を解体してもう二度と乗れない状態にすることです(永久抹消登録)。

一方、まだ走行可能な車の場合は、選択肢がいくつか用意されています。まずは、買取業者に売却する方法です。中古車の売買をしている買取業者に査定を依頼して、査定額に納得したら買取成立となります。走行距離が少なく、状態も良い車であれば、まとまったお金が手に入る可能性もある点がメリットともいえます。車選びドットコムの一括査定では複数の業者に査定依頼を出すことで、買取価格を比較して一番高い買取店に店に販売することができるため、車の売却を検討される方におすすめです。

古い車を手放して新しい車に買い替えるのであれば、車の購入と同時に下取りに出す人も多いのではないでしょうか。車を購入する際のサービスの一つとして、車販売店やディーラーが古い車を買取しています。買い取った車は、中古車として再販しているようです。

他には、業者を間に挟まない個人間のやり取りに慣れている人なら、オークションに出品するという方法も考えられます。オークションとは、インターネット上で行われる個人売買のことですが、実は中古車もたくさん出品されているのです。最後に、最もシンプルな処分方法は、車を必要としている知り合いに譲ってあげることでしょう。

  • 廃車手続きをして処分する
  • 買取業者に売却する
  • 新しい車の購入用で下取りに出す
  • オークションに出す
  • 知り合いに車を譲る

賢く処分するには廃車を売却すること!

売却した車はどんなニーズがあるのか?

買取や下取りでは、買い取った車を再販するのが目的です。年式が新しく走行距離の少ない車であれば、高値で売れる可能性があります。しかし、年式が古く走行距離が多い車は、中古市場でもニーズが低く、高額査定は期待できません。車販売店が中古市場での価値がないと判断した場合、下取りされずに廃車となり、逆に費用が発生するケースもあります。

買取業者で値がつかない車は廃車買取へ!

では、中古車としてニーズがない車は、売れないのでしょうか?実は、車の部品に価値を見出した、廃車買取業者が存在します。車としての価値はなくとも、タイヤやホイール、バッテリーなど、各部品としては一定のニーズがあるからです。

例えば、車に不具合が生じて交換修理が必要になった際に、新品ではなく中古部品を使うことで修理費用を抑えることができます。そのため、中古部品を求める整備工場も珍しくありません。中古部品にも使えないものは、金属資源やプラスチック原料として売られます。このように車を分解して活用することで、新たな価値が生まれるのです。廃車買取業者を利用すれば、車をお得に処分できるでしょう。

初めての廃車でも安心!
「車選びドットコムの廃車買取」では面倒な廃車手続きを無料で代行!

廃車手続きの方法や費用、必要書類を調べている方に、オススメなサービスを紹介します。
「車選びドットコムの廃車買取」では、あなたに代わって書類手続きを無料で代行いたします。
お客様に揃えていただく必要書類については、廃車に詳しい専門スタッフが分かりやすくご説明いたします。
廃車の引き取りやレッカー代も無料なので、お気軽にお問い合わせください。

「車選びドットコムの廃車買取」は海外を含む独自の販売ルートを持っているため、他店では買取できない状態のお車でも買取することができます。
ご自身で廃車を検討されている方も、ぜひ一度査定のお見積りをしてみませんか?

ネットで無料査定してみる

廃車するのに必要な手続き・書類

普通車の廃車手続き・書類

普通車を廃車するには、車検証に記載されている所有者の書類が必要です。車検証には所有者だけでなく、使用者の氏名も記載されているので、所有者と使用車が異なる場合は注意してください。基本的な必要書類は、車検証、自賠責保険証明書、リサイクル券、実印、印鑑証明書(発行から3ヵ月以内)、ナンバープレート、身分証明書です。
これらの基本書類に加えて、個々の状況に応じてさまざまな追加書類が必要になります。
より詳細な内容については、普通自動車の廃車手続きの方法と書類にてまとめていますので、ぜひご確認ください。

軽自動車の廃車手続き・書類

軽自動車を処分する際には、いくつかの必要書類を準備しておく必要があります。一般的に必要書類として挙げられているのは、車検証、自賠責保険証明書、リサイクル券、認印、ナンバープレートの5つです。ちなみに車検が切れている場合は自賠責保険証明書は必要ありません。このように普通自動車と比較すると処分に必要な書類は少ないため、手軽に準備できるところがメリットだと言われています。
売却する時の状況によっては追加で書類が必要になる場合もあります。
より詳細な内容については、軽自動車の廃車手続きの方法と書類にてまとめていますので、ぜひご確認ください。

古い車にも価値がある?

古い車に価値なんかあるんだろうかと思われるかも知れませんが、心配は不要です。中古車を探している人は、多種多様な条件で探している事が多いものです。もちろん新しくて人気の車種を探す人もいますが、人とかぶるのが嫌で、乗る人が減った古い車を探す人もいます。また今新車で買える新しいモデルではなく、絶版になってしまった特定のモデルが欲しいと思って古い車を探している人もいます。そして25〜30年以上古くなると、今度はクラシックカーまたはネオクラシックカーとして扱われ、驚くほど価値が高くなることもあります。

また車を探しているのは日本市場の消費者だけではありません。海外の消費者は、日本の車の耐久性を高く評価しており、アジアやアフリカなどでは古い車や過走行の車でも人気があって、現地でも元気に走り回っています、それで中古車オークション会場などには海外輸出を目的とした業者も参入しており、日本ではあまり値段の付かない古い車を仕入れています。ですから古い車には海外での需要も見込まれます。

エンジンが動かない、あまりに程度が悪いなど、車としての価値がなくなってしまっている場合でも、金属として、あるいはリサイクルパーツとしての価値は十分にあります。ですから、どんな古い車であっても価値はあり、処分する方法があります。

古い車を処分する方法はいろいろあります。ぜひ処分しようと考えている車の状況なども考慮して、お得に処分できる方法を試してみるといいでしょう。車というのは家族の一員のように、長い時間を共に過ごし、あちこちに共に出かける、まさに相棒と言える存在です。程度がどうであれ、古ければ古いほど思い入れも強くなってしまうものです。せっかく思い出あふれる車を処分するのであれば、少しでもお金になればいいと思われるでしょう。そうして手に入ったお金は、次に乗り換える車の資金にすることができます。

「車選びドットコムの廃車買取」は、どんな車も買取が保証されています。さらに面倒な廃車手続きの無料代行や、レッカーによる運搬も無料で行っています。廃車に必要な費用が減るのに加えて車も買い取ってもらえるので、自分で廃車手続きをするよりも格段にお得になるのです。泣く泣く費用をかけて廃車にする前に、まずは無料査定でお車の買取金額を確認してみませんか?

以下のフォームからカンタン査定依頼!

入力カンタン45秒!ネットで無料査定

8:00〜21:30のご依頼なら、最短10分で買取価格をお答えします。

※21:30〜は、翌日の対応とさせていただきます。
プライバシーポリシーをご確認のうえご依頼ください。

車両の情報

メーカー必須
車種必須
年式必須
走行距離必須

お客様の情報

お名前必須
電話番号必須
都道府県必須
メール任意

東証JASDAQ上場ロゴ 名証二部上場ロゴ 株式会社ファブリカコミュニケーションズは東証JASDAQ・名証二部上場企業です。
(証券コード:4193)

当社は10年以上の廃車実績を持つ「株式会社ラグザス・クリエイト」と業務提携しております

お客様の情報は当社から、株式会社ラグザス・クリエイトへと配信され、それぞれ安全に管理されます。
お客様の情報が許可なく公開されることは一切ございません。

  • メーカー
  • 車種
  • 年式
  • 走行距離
  • メーカー
  • 車種
  • 年式
  • 走行距離
  • メーカー
  • 車種
  • 年式
  • 走行距離
  • メーカー
  • 車種
  • 年式
  • 走行距離

お電話でも受付中

「車選びドットコム 査定専用ダイヤル」通話無料0066-9686-66960。8:00〜22:00 年中無休。携帯・PHS OK。お手元に車検証をご用意いただくとスムーズです。

買取から代金お振込みまでの流れ

1.電話かネットで査定依頼・お問合せ。2.成約後にお車を引取。3.必要書類にご記入・送付。4.口座へ代金をお振込み。

その手続き、ちょっと待って!ご自分で廃車手続きをお考えの方へ。知らないうちに「損」しないための、賢い手続き方法とは?

お急ぎください!廃車手続き

今お乗りの愛車を売るなら。比較的軽微な損傷や、自走可能なお車の場合は「車選びドットコムの車買取・一括査定」へ

  • 廃車がはじめての方へ「車選びドットコムの廃車買取とは」
  • 買取からお振込みまでの流れ「廃車買取の流れ」
  • あなたの車の買取価格は?「メーカー・車種別廃車買取価格」
  • エリア別廃車情報「全国廃車・事故車買取マップ」

廃車手続きパーフェクトガイド

廃車コラム

廃車手続き-基本編
廃車手続きの必要書類と手順
廃車にする走行距離と年式の基準
永久抹消登録と一時抹消登録の違い
廃車にする前にやっておきたい準備
廃車にかかる費用は総額どれくらい?
廃車の手続きにかかる日数・時間は?
廃車時の税金・保険料の還付手続き
廃車時に必要な保険の手続き
廃車手続きができる場所
廃車時に取外して良い部品・悪い部品
車検切れの車を廃車する方法
他県ナンバーの車を廃車にする方法
名義の違う車を代理で廃車する方法
車検証の住所・氏名が印鑑証明書と異なる場合
◯◯を紛失した場合の廃車手続き
車種別廃車手続き
軽自動車の廃車手続きには何が必要?
トラックを廃車にするには
排気量別 バイクの廃車手続きの方法
廃車手続き-番外編
放置されている廃車の処理・撤去
ローンの残っている車は廃車にできる?
廃車寸前の車でも買取可能な理由
車を長期間保管するベストな方法
業者や知人から廃車予定の車を買い取ることはできる?
廃車にした車はどうなるの?
廃車を修理・再生するには
廃車にした車・バイクを再登録するには
廃車にする前にやりたい愛車の供養
廃車買取業者の選び方
こんな業者に注意!廃車買取に関するトラブル
なぜ無料で廃車買取ができるのか
年間で廃車される車の台数
リサイクル法って何?預託金とは?
動かない車を処分したいけど...不動車はどう処分?
車の処分はディーラーでもやってくれる?
金融車を処分するにはどうしたらいいですか?
車検証の所有者名義が違います。他人名義の車は代理で処分できるの?
車処分方法・タイミング
車を賢く処分する方法まとめ
車のバッテリーの処分方法を解説!廃棄場所や回収費用は?
車の純正・社外品パーツの処分方法とは?捨て方や注意点を知ろう
タイヤ・ホイールを処分する方法まとめ!捨て方や料金などを解説
車のマフラーを処分する方法は?純正から社外に変えた場合も
期限切れの発煙筒・三角表示板・ジャッキを処分する方法
車に使ったワックス・洗剤は何ゴミで処分する?
転勤・引越しで車を処分する場合、引っ越し前と後はどちらがいいのか
車を処分するおすすめ時期5選!ベストなタイミングはいつなのか
車を処分して節約したい!維持するより処分する方が得する?

事故車コラム