廃車にする前にやっておきたい準備

廃車する車を業者に引き渡す段取りがつき、これでひと安心と思っていたら、車の中にあるものを回収し忘れていたなんてケースはありませんか?また、車に取り付けてあるオプションはどうするのかという問題もあります。そこで、車を業者へ渡す前にやっておくべき準備についてご説明します。

ガソリンは残っていてもいいの?

廃車を業者に引き渡す時、気になるのがガソリンです。これから解体する車の中に、ガソリンがたっぷりと入っていても問題はないのでしょうか?

もちろん、ガソリンが入った状態で車を解体するのは危険です。漏れ出したガソリンに引火したら大惨事になる可能性があります。しかし、その辺は業者も心得ていますから、さすがに何も確認せずに解体を始めたりはしません。ガソリンタンクに穴を開けて中身を空にし、さらに、エンジンオイルも抜き取って初めて解体に取り掛かります。ですから、ガソリンを満タンのまま業者に渡したとしても、なんら心配する必要はないのです。

ただ、ガソリンがもったいないと思うのであれば、事前に、自分で抜いておけばいいでしょう。方法は簡単で、カー用品店に売っている燃料供給ポンプのホースの長いものを使うのです。ポンプを使って手動でガソリンを用意した容器の中に入れていきます。とはいえ、入っているガソリンが少ないとホースが液面まで届かない場合があります。ただ、底の方のガソリンは沈殿物が混じって質の悪い場合が多いので、無理に全部回収しなくても良いでしょう。また、回収の際には、間違っても電動ポンプを使用しないでください。静電気が起きれば、ガソリンに引火する危険があります。

車内に荷物は残しておかない

廃車を業者に引き渡す日が近づいたなら、車内から私物を回収してきれいにしておく必要があります。相手がなじみの業者だからといって、車内の私物の回収もお願いするというのは避けるべきです。後で何かなくなっているのに気がついてトラブルになる可能性があります。

また、車検に車を出したら買い換えた方が得だと言われ、車を業者のところに置いたまま買い替えをする場合があるかもしれません。あるいは、交通事故ににあって、あわただしく修理工場へ運ばれて行き、そのまま廃車になるというケースもあるでしょう。しかし、そういう時でも、業者に荷物の回収をまかせずに、なるべく早い段階で車を預けている所に赴いて、自分の手でそれを行うべきです。大事なものが紛失していて、業者に弁償してもらおうと思ってもどの段階で紛失したのか分からない以上、水かけ論で終わってしまいます。

長年乗っていた車には、意外に大事な書類や貴重品が眠っている場合があります。人任せにはぜず、車内の隅々までチェックし、最後の点検を丹念にする姿勢が大切です。できれば、普段から車内の生理整頓をきちんとし、廃車の際には素早く荷物を回収できるようにしておくのが一番です。

必要なパーツやナビは取り外そう

車自体は廃車にしても使えるパーツは結構あるものです。ナビやオーディオなどの後付けパーツは、買い直すと結構な費用がかかるので取外して再利用するのがよいでしょう。

また、新しいものを買う予定でもそれらを中古ショップに売れば、購入資金の頭金となります。さらに、後付けのものだけでなく、最初から車についていたパーツもショップやネットオークションでの売買が可能です。

ただし、それを行うのであれば、事前に解体業者に相談する必要があります。廃車にする車の場合、後付けオプションを取り外すのは自由ですが、それ以外のパーツを分解すると解体とみなされます。そして、解体ができるのは、認可を受けた業者だけです。つまり、勝手に行うのは違法行為なのです。さらに、解体業者も分解した部品を売却するつもりでいるかもしれないので、黙って部品を回収すると金銭面でトラブルになる可能性があります。それに、ナビやオーディオといった後付けオプションを取り外す際には注意が必要です。取外しは、意外と難易度が高く、無理に外そうとすると壊れて使いものにならなくなる恐れがあります。業者に頼めば外してくれますが、数千円程度の取外し料金を請求される場合があるので、どうすれば一番メリットが大きいかを考えることが大切です。

「車選びドットコムの廃車買取」では、お引取後のパーツ取外し&返送サービスを行っておりますので、取外し作業が面倒な方もお問合せください。

廃車・事故車を高価買取挑戦。レッカー代・書類代行も無料で承ります。無料査定依頼はこちらから

入力カンタン45秒!ネットで無料査定

8:00〜21:30のご依頼なら、最短10分で買取価格をお答えします。

※21:30〜は、翌日の対応とさせていただきます。
プライバシーポリシーをご確認のうえご依頼ください。

車両の情報

メーカー必須
車種必須
年式必須
走行距離必須

お客様の情報

お名前必須
電話番号必須
都道府県必須
メール任意

当サイトは株式会社ファブリカコミュニケーションズ(東証スタンダード上場 証券コード:4193)が運営しています。 東証スタンダード上場ロゴ

当社は10年以上の廃車実績を持つ「株式会社ラグザス・クリエイト」と業務提携しております

お客様の情報は当社から、株式会社ラグザス・クリエイトへと配信され、それぞれ安全に管理されます。
お客様の情報が許可なく公開されることは一切ございません。

  • メーカー
  • 車種
  • 年式
  • 走行距離
  • メーカー
  • 車種
  • 年式
  • 走行距離
  • メーカー
  • 車種
  • 年式
  • 走行距離
  • メーカー
  • 車種
  • 年式
  • 走行距離

お電話でも受付中

「車選びドットコム 査定専用ダイヤル」通話無料0078-6015-26960。8:00〜22:00 年中無休。携帯・PHS OK。お手元に車検証をご用意いただくとスムーズです。

買取から代金お振込みまでの流れ

1.電話かネットで査定依頼・お問合せ。2.成約後にお車を引取。3.必要書類にご記入・送付。4.口座へ代金をお振込み。

その手続き、ちょっと待って!ご自分で廃車手続きをお考えの方へ。知らないうちに「損」しないための、賢い手続き方法とは?

お急ぎください!廃車手続き

今お乗りの愛車を売るなら。比較的軽微な損傷や、自走可能なお車の場合は「車選びドットコムの車買取・一括査定」へ

  • 廃車がはじめての方へ「車選びドットコムの廃車買取とは」
  • 買取からお振込みまでの流れ「廃車買取の流れ」
  • あなたの車の買取価格は?「メーカー・車種別廃車買取価格」
  • エリア別廃車情報「全国廃車・事故車買取マップ」

廃車手続きパーフェクトガイド

廃車コラム

廃車手続き-基本編
廃車手続きの必要書類と手順
廃車にする走行距離と年式の基準
永久抹消登録と一時抹消登録の違い
廃車にする前にやっておきたい準備
廃車にかかる費用は総額どれくらい?
廃車の手続きにかかる日数・時間は?
廃車時の税金・保険料の還付手続き
廃車時に必要な保険の手続き
廃車手続きができる場所
廃車時に取外して良い部品・悪い部品
車検切れの車を廃車する方法
他県ナンバーの車を廃車にする方法
名義の違う車を代理で廃車する方法
車検証の住所・氏名が印鑑証明書と異なる場合
◯◯を紛失した場合の廃車手続き
車種別廃車手続き
軽自動車の廃車手続きには何が必要?
トラックを廃車にするには
排気量別 バイクの廃車手続きの方法
廃車手続き-番外編
放置されている廃車の処理・撤去
ローンの残っている車は廃車にできる?
廃車寸前の車でも買取可能な理由
車を長期間保管するベストな方法
業者や知人から廃車予定の車を買い取ることはできる?
廃車にした車はどうなるの?
廃車を修理・再生するには
廃車にした車・バイクを再登録するには
廃車にする前にやりたい愛車の供養
廃車買取業者の選び方
こんな業者に注意!廃車買取に関するトラブル
なぜ無料で廃車買取ができるのか
年間で廃車される車の台数
リサイクル法って何?預託金とは?
動かない車を処分したいけど...不動車はどう処分?
車の処分はディーラーでもやってくれる?
金融車を処分するにはどうしたらいいですか?
車検証の所有者名義が違います。他人名義の車は代理で処分できるの?
車処分方法・タイミング
車を賢く処分する方法まとめ
車のバッテリーの処分方法を解説!廃棄場所や回収費用は?
車の純正・社外品パーツの処分方法とは?捨て方や注意点を知ろう
タイヤ・ホイールを処分する方法まとめ!捨て方や料金などを解説
車のマフラーを処分する方法は?純正から社外に変えた場合も
期限切れの発煙筒・三角表示板・ジャッキを処分する方法
車に使ったワックス・洗剤は何ゴミで処分する?
転勤・引越しで車を処分する場合、引っ越し前と後はどちらがいいのか
車を処分するおすすめ時期5選!ベストなタイミングはいつなのか
車を処分して節約したい!維持するより処分する方が得する?

事故車コラム