業者や知人から廃車予定の車を買い取ることはできる?

まだ十分走行可能であるのに、新しい車を買うなどの理由で廃車にしてしまうケースがあります。そういった車を譲ってもらえれば、大きな節約になるでしょう。しかし、その際には、いくつか気をつけるべき点があります。そのポイントについてご説明します。

業者から廃車を譲ってもらえる?

解体業者の元には廃車予定の車が数多く集まってきます。そして、廃車としてスクラップにするのであれば、頼めば無料で譲ってもらえるのではないかと考える方もいるかもしれません。

しかし、実際は難しいでしょう。廃車は、一般家庭のゴミとは全く意味合いが違うからです。そもそも、解体業者が車をスクラップにするのは、永久抹消登録する車の解体が義務付けられているからです。それを業者が自分の判断で人に譲り、その車が路上を走っていればどうなるでしょうか。それは言うなれば、亡くなって火葬したはずの方が町を歩いているようなもので、当然問題になります。また、永久抹消登録された車には車籍がありません。そのような車を走らせるのは明白な違法行為です。以上の理由から、解体業者が廃車を人に譲る可能性はまずありません。

また、廃車手続きには一時抹消登録というものもあります。これは、なんらかの理由で長期間車に乗らない時に行います。車を解体する必要はなく、再登録すれば再び公道を走れるようになります。一時抹消登録をしておけば、その間は自動車税を払わずに済みます。買取業者が廃車を引き取る際には、この手続きを取る場合があります。

しかし、買取業者が、廃車を譲ってくれる可能性も極めて低いでしょう。なぜなら、そういった車は買取業者にとって立派な商品だからです。昔であれば、廃車にする車というのは商品価値がない場合がほとんどで、スクラップにするしかありませんでした。しかし、今では、使えるパーツをオークションで取り引きしたり、車自体もちょっと修理すれば、海外で高く売れたりとお金にする方法が色々あります。そのような商品を無償で譲ってくれるとは思えません。もしかすると、引き取ってから手を加えていない車なら、相場よりいくらか安く売ってくれるかもしれませんが、後で修理をする際の費用や手間を考えれば、ちゃんと商品化された中古車を買う方が割安です。

知人から廃車予定の車をもらう場合の注意点

業者から廃車を格安で手に入れるのが期待できないとなると、残る手段は、知人から廃車予定の車を譲ってもらうという方法です。購入から買い替えまでの周期が7、8年と考えれば、巡り合わせによってはそのチャンスもあるでしょう。しかし、車を譲ってもらうといっても、テレビやパソコンをもらうのとはわけが違います。それに伴う手続きをしっかり行わないと、後々問題が発生してしまいます。

まず、車を所有するには、保管場所を確保して車庫証明を取得する必要があります。このための書類を自動車保管場所証明と言い、保管場所は以下の条件に当てはまっていなければなりません。

自動車保管場所の条件

  • 自宅までの距離は2km以内
  • 道路からスムーズに出入りができて、保管場所から自動車がはみ出さない
  • 保管場所を使用する権限を有している
  • 同じ場所で重複して車庫証明を取得しない

保管場所を確保すれば、警察署に行って申請書一式(自動車保管場所証明申請書・保管場所使用権疎明書面・保管場所使用承諾証明書・所在図・配置図)を受け取ります。それぞれの書類に必要事項を記載し、約2500円の収入印紙を購入して書類に貼り付けたなら、車庫証明の窓口にそれらを提出します。提出から交付までの期間は、数日から1週間ほどです。その間に警察が保管場所を訪れ、問題がないかを確認します。

車庫証明が終われば、次は、名義変更です。これをしておかなければ、自動車税の請求が前の所有者のところに届いてしまいます。それに、将来、抹消登録をする際にも手続きが面倒になってしまいます。しかも、前の所有者と連絡が取れなくなった場合は、廃車手続きそのものが出来なくなってしまうのです。名義変更の手続きは、陸運局で行います。必要な書類は以下の通りです。

前の所有者に用意してもらうもの

  • 実印を押した委任状
  • 実印を押した譲渡証明書
  • 車検証
  • 印鑑証明(発行から3カ月以内)

自分が用意するもの

  • 車庫証明(交付から1ヵ月以内)
  • 印鑑証明(発行から3カ月以内)

陸運局で入手するもの

  • 移転登録申請書
  • 手数料納付書
  • 自動車税・自動車所得税申告書

後は、必要事項を記入し、書類を提出すれば、名義変更は無事終了です。ただし、車検証が期限切れになっている場合は、名義変更はできないので気をつけてください。せっかく車を譲ってくれた知人に迷惑をかけないためにも、手続きは忘れることなく、しっかりと行いましょう。

廃車・事故車を高価買取挑戦。レッカー代・書類代行も無料で承ります。無料査定依頼はこちらから

入力カンタン45秒!ネットで無料査定

8:00〜21:30のご依頼なら、最短10分で買取価格をお答えします。

※21:30〜は、翌日の対応とさせていただきます。
プライバシーポリシーをご確認のうえご依頼ください。

車両の情報

メーカー必須
車種必須
年式必須
走行距離必須

お客様の情報

お名前必須
電話番号必須
都道府県必須
メール任意

当サイトは株式会社ファブリカコミュニケーションズ(東証スタンダード上場 証券コード:4193)が運営しています。 東証スタンダード上場ロゴ

当社は10年以上の廃車実績を持つ「株式会社ラグザス・クリエイト」と業務提携しております

お客様の情報は当社から、株式会社ラグザス・クリエイトへと配信され、それぞれ安全に管理されます。
お客様の情報が許可なく公開されることは一切ございません。

  • メーカー
  • 車種
  • 年式
  • 走行距離
  • メーカー
  • 車種
  • 年式
  • 走行距離
  • メーカー
  • 車種
  • 年式
  • 走行距離
  • メーカー
  • 車種
  • 年式
  • 走行距離

お電話でも受付中

「車選びドットコム 査定専用ダイヤル」通話無料0078-6015-26960。8:00〜22:00 年中無休。携帯・PHS OK。お手元に車検証をご用意いただくとスムーズです。

買取から代金お振込みまでの流れ

1.電話かネットで査定依頼・お問合せ。2.成約後にお車を引取。3.必要書類にご記入・送付。4.口座へ代金をお振込み。

その手続き、ちょっと待って!ご自分で廃車手続きをお考えの方へ。知らないうちに「損」しないための、賢い手続き方法とは?

お急ぎください!廃車手続き

今お乗りの愛車を売るなら。比較的軽微な損傷や、自走可能なお車の場合は「車選びドットコムの車買取・一括査定」へ

  • 廃車がはじめての方へ「車選びドットコムの廃車買取とは」
  • 買取からお振込みまでの流れ「廃車買取の流れ」
  • あなたの車の買取価格は?「メーカー・車種別廃車買取価格」
  • エリア別廃車情報「全国廃車・事故車買取マップ」

廃車手続きパーフェクトガイド

廃車コラム

廃車手続き-基本編
廃車手続きの必要書類と手順
廃車にする走行距離と年式の基準
永久抹消登録と一時抹消登録の違い
廃車にする前にやっておきたい準備
廃車にかかる費用は総額どれくらい?
廃車の手続きにかかる日数・時間は?
廃車時の税金・保険料の還付手続き
廃車時に必要な保険の手続き
廃車手続きができる場所
廃車時に取外して良い部品・悪い部品
車検切れの車を廃車する方法
他県ナンバーの車を廃車にする方法
名義の違う車を代理で廃車する方法
車検証の住所・氏名が印鑑証明書と異なる場合
◯◯を紛失した場合の廃車手続き
車種別廃車手続き
軽自動車の廃車手続きには何が必要?
トラックを廃車にするには
排気量別 バイクの廃車手続きの方法
廃車手続き-番外編
放置されている廃車の処理・撤去
ローンの残っている車は廃車にできる?
廃車寸前の車でも買取可能な理由
車を長期間保管するベストな方法
業者や知人から廃車予定の車を買い取ることはできる?
廃車にした車はどうなるの?
廃車を修理・再生するには
廃車にした車・バイクを再登録するには
廃車にする前にやりたい愛車の供養
廃車買取業者の選び方
こんな業者に注意!廃車買取に関するトラブル
なぜ無料で廃車買取ができるのか
年間で廃車される車の台数
リサイクル法って何?預託金とは?
動かない車を処分したいけど...不動車はどう処分?
車の処分はディーラーでもやってくれる?
金融車を処分するにはどうしたらいいですか?
車検証の所有者名義が違います。他人名義の車は代理で処分できるの?
車処分方法・タイミング
車を賢く処分する方法まとめ
車のバッテリーの処分方法を解説!廃棄場所や回収費用は?
車の純正・社外品パーツの処分方法とは?捨て方や注意点を知ろう
タイヤ・ホイールを処分する方法まとめ!捨て方や料金などを解説
車のマフラーを処分する方法は?純正から社外に変えた場合も
期限切れの発煙筒・三角表示板・ジャッキを処分する方法
車に使ったワックス・洗剤は何ゴミで処分する?
転勤・引越しで車を処分する場合、引っ越し前と後はどちらがいいのか
車を処分するおすすめ時期5選!ベストなタイミングはいつなのか
車を処分して節約したい!維持するより処分する方が得する?

事故車コラム