車検証の住所・氏名が印鑑証明書と異なる場合

普段、廃車処理などはめったに行うものではありません。そのため、いざその時になると必要な確認が抜け落ちがちです。チェックすべき事柄は色々ありますが、特に、車検証と印鑑証明との住所及び氏名の一致は重要な問題です。そこで、陸運局を訪れる前に確認すべきポイントについてご説明します。

住所が違う場合

廃車手続きの際には、発行から3か月以内の印鑑証明が必要です。そして、そこに書かれてある住所と車検証の所有者住所が一致すれば問題ありませんが、異なる場合は、その理由によって、それぞれ別の書類が必要になります。

引っ越しで住所が変わった場合は、住民票が必要です。ただし、住民票にはひとつ前の住所しか書いていませんので、2回以上引っ越しをした時は、住所履歴が記載してある戸籍の附票を入手しなければなりません。もし、附票に直前の住所が記載されていなければ、同時に住民票も必要となります。住民票は、住民登録をしている役所で請求できますが、戸籍の附票を取得できるのは、本籍地の役所だけです。もし本籍地と離れた場所に住んでいる場合は、郵便で取り寄せることができる地域もあるため、まずは本籍のある役所に連絡をして具体的な請求方法を確認してください。

また、結婚して住所が変わった時は戸籍謄本が必要となります。これも本籍地の役所が管理しており、郵送での請求が可能です。さらに珍しいパターンとしては、市町村が合併して住所が変わる場合があります。その時は、各自治体が町名地番変更証明書などを無料で配布しているのでもらってきましょう。なお、単に『××村』が『××町』に変わっただけの場合は特に書類は必要ありません。

氏名が違う場合

車検証の所有者名と印鑑証明の氏名が別人の場合は、廃車手続きはできません。仮に、同一人物だが結婚で姓が変わった、あるいはなんらかの理由で本名が変わったという時は、確認のために戸籍謄本が必要となります。
また、車の所有者と別人である場合は、名義変更をした後に廃車、という流れになります。その際は車検証に記載されている所有者に連絡をし、実印を押した譲渡証明書と委任状、3か月以内に発行した印鑑証明書を用意してもらってください。詳しくは「名義の違う車を代理で廃車する方法」にて詳しく紹介していますのでご覧ください。

確認しておくとお得なポイント

まず大前提として、廃車手続きの際に必要となる車検証自動車リサイクル券があるかを確認してください。もし紛失していれば、車検証は運輸局で再発行をしてもらい、自動車リサイクル券は、自動車リサイクルシステムのホームページに行き、必要事項を入力して印刷をします。

また、廃車手続きをすると、税金や保険の還付が受け取れる場合があります。例えば、自動車税は4月から3月分を先払いになっているので、廃車手続きをした翌月から次の3月までの税金が返ってきます。8月に廃車手続きをすれば、9月から3月の7か月分が返金されるわけです。ただし、3月に廃車手続きをした場合、あるいは廃車にしたのが軽自動車の場合には自動車税の還付はありません。また、自賠責保険は1か月以上残っていると還付が受け取れます。同じように、車検も1か月以上残っていると残存期間の自動車重量税を返してもらえます。ただし、これは車を最終処分する場合のみで、一時抹消登録場合には自動車重量税の還付はありません。

ご自分の車を廃車にする前に、これらの中で該当するものがないか確認しておき、手続き方法や必要な書類を揃えておきましょう。

廃車・事故車を高価買取挑戦。レッカー代・書類代行も無料で承ります。無料査定依頼はこちらから

入力カンタン45秒!ネットで無料査定

8:00〜21:30のご依頼なら、最短10分で買取価格をお答えします。

※21:30〜は、翌日の対応とさせていただきます。
プライバシーポリシーをご確認のうえご依頼ください。

車両の情報

メーカー必須
車種必須
年式必須
走行距離必須

お客様の情報

お名前必須
電話番号必須
都道府県必須
メール任意

東証JASDAQ上場ロゴ 名証二部上場ロゴ 株式会社ファブリカコミュニケーションズは東証JASDAQ・名証二部上場企業です。
(証券コード:4193)

当社は10年以上の廃車実績を持つ「株式会社ラグザス・クリエイト」と業務提携しております

お客様の情報は当社から、株式会社ラグザス・クリエイトへと配信され、それぞれ安全に管理されます。
お客様の情報が許可なく公開されることは一切ございません。

  • メーカー
  • 車種
  • 年式
  • 走行距離
  • メーカー
  • 車種
  • 年式
  • 走行距離
  • メーカー
  • 車種
  • 年式
  • 走行距離
  • メーカー
  • 車種
  • 年式
  • 走行距離

お電話でも受付中

「車選びドットコム 査定専用ダイヤル」通話無料0066-9686-66960。8:00〜22:00 年中無休。携帯・PHS OK。お手元に車検証をご用意いただくとスムーズです。

買取から代金お振込みまでの流れ

1.電話かネットで査定依頼・お問合せ。2.成約後にお車を引取。3.必要書類にご記入・送付。4.口座へ代金をお振込み。

その手続き、ちょっと待って!ご自分で廃車手続きをお考えの方へ。知らないうちに「損」しないための、賢い手続き方法とは?

お急ぎください!廃車手続き

今お乗りの愛車を売るなら。比較的軽微な損傷や、自走可能なお車の場合は「車選びドットコムの車買取・一括査定」へ

  • 廃車がはじめての方へ「車選びドットコムの廃車買取とは」
  • 買取からお振込みまでの流れ「廃車買取の流れ」
  • あなたの車の買取価格は?「メーカー・車種別廃車買取価格」
  • エリア別廃車情報「全国廃車・事故車買取マップ」

廃車手続きパーフェクトガイド

廃車コラム

廃車手続き-基本編
廃車手続きの必要書類と手順
廃車にする走行距離と年式の基準
永久抹消登録と一時抹消登録の違い
廃車にする前にやっておきたい準備
廃車にかかる費用は総額どれくらい?
廃車の手続きにかかる日数・時間は?
廃車時の税金・保険料の還付手続き
廃車時に必要な保険の手続き
廃車手続きができる場所
廃車時に取外して良い部品・悪い部品
車検切れの車を廃車する方法
他県ナンバーの車を廃車にする方法
名義の違う車を代理で廃車する方法
車検証の住所・氏名が印鑑証明書と異なる場合
◯◯を紛失した場合の廃車手続き
車種別廃車手続き
軽自動車の廃車手続きには何が必要?
トラックを廃車にするには
排気量別 バイクの廃車手続きの方法
廃車手続き-番外編
放置されている廃車の処理・撤去
ローンの残っている車は廃車にできる?
廃車寸前の車でも買取可能な理由
車を長期間保管するベストな方法
業者や知人から廃車予定の車を買い取ることはできる?
廃車にした車はどうなるの?
廃車を修理・再生するには
廃車にした車・バイクを再登録するには
廃車にする前にやりたい愛車の供養
廃車買取業者の選び方
こんな業者に注意!廃車買取に関するトラブル
なぜ無料で廃車買取ができるのか
年間で廃車される車の台数
リサイクル法って何?預託金とは?
動かない車を処分したいけど...不動車はどう処分?
車の処分はディーラーでもやってくれる?
金融車を処分するにはどうしたらいいですか?
車検証の所有者名義が違います。他人名義の車は代理で処分できるの?
車処分方法・タイミング
車を賢く処分する方法まとめ
車のバッテリーの処分方法を解説!廃棄場所や回収費用は?
車の純正・社外品パーツの処分方法とは?捨て方や注意点を知ろう
タイヤ・ホイールを処分する方法まとめ!捨て方や料金などを解説
車のマフラーを処分する方法は?純正から社外に変えた場合も
期限切れの発煙筒・三角表示板・ジャッキを処分する方法
車に使ったワックス・洗剤は何ゴミで処分する?
転勤・引越しで車を処分する場合、引っ越し前と後はどちらがいいのか
車を処分するおすすめ時期5選!ベストなタイミングはいつなのか
車を処分して節約したい!維持するより処分する方が得する?

事故車コラム