廃車手続きの必要書類と手順

自分の所持している自動車を廃車にする経験は、人生の内でそう何度もあるわけではありません。それ故に、いざとなると手続きの仕方が分からず、戸惑ってしまうものです。そこで、廃車の際に必要な書類と手続きの方法について説明をします。

廃車手続きに必要な書類

  • 車検証
  • 印鑑証明(3カ月以内に取得したもの)
  • 解体が完了した日付
  • 移動報告番号
  • マイナンバーカード、もしくはマイナンバー通知カード

車を廃車にするには陸運局に行き、永久抹消登録手続きをしなければなりません。その際には、いくつかの書類が必要になります。
まずは、車検証と3カ月以内に取得した印鑑証明です。車検証は、通常車内で保管されているはずです。見当たらない場合は、ドアポケットに入っている、車の取扱い説明書の中に入っていないか確認しましょう。もし紛失していた場合は陸運局で再発行してもらいましょう。また、何らかの理由で車検証と印鑑証明の氏名や住所が不一致な場合は、その理由に応じて、住民票や戸籍謄本などの書類が必要となります。

次に、ナンバープレートですが、これは前後2枚とも返納します。盗難にあうなどして紛失した場合は、理由書を提出しなければなりません。また、解体業者に車の解体を依頼した後、解体作業が終了したとの連絡があるはずなので、その日付(解体報告記録日)と自動車リサイクル券に記載されてある移動報告番号も陸運局に提出します。これは正式な書類でなく、メモ書きで結構です。また、自動車税や自動車重量税の還付を希望する場合には、還付金を振り込んでもらう銀行名と口座番号を記入する必要があるのでそちらの方もメモをしておきましょう。

さらに、2016年1月からは、自動車重量税の還付手続きには、マイナンバーカードかマイナンバーの通知カードが必要となりました。さらに、陸運局で入手可能な書類として、手数料納付書・永久抹消申請書・自動車税・自動車所得税申告書及び登録事項等証明書があります。

ちなみに、廃車の手続きには「永久抹消登録」の他に「一時抹消登録」というものがあります。「一時抹消登録」とは、車は保有しているけれど病気や長期海外出張などで当面使用する予定がない場合、自動車税を支払わなくてもすむようにするために行う手続きのことです。この際に必要な申請書は、一時抹消申請書です。もちろん、車は解体しないので、移動報告番号と解体報告記録日は提出する必要はありません。ただし、ナンバープレートは返納します。一時抹消登録した車は公道を走れませんが、中古新規登録をすれば再び使用が可能になります。

自分で行う場合の手順

自分で陸運局に出向いて永久抹消登録手続きを行う場合は、先に車の解体をしなければなりません。まず、前後2枚のナンバープレートを外し、解体業者に車の解体を依頼します。そして、車の解体が終了すると業者の方から連絡があります。その日付とリサイクル券に記載してある移動報告番号をメモしてください。そして、必要な書類を揃えたら、次は運局に出向き、廃車の手続きに進みます

まず、ナンバープレートを返納し、窓口で永久抹消申請書と手数料納付書を入手します。申請書の用紙代は地域によって異なりますが、大体100円程度です。次に、入手した用紙に記入事項を書き、必要な書類を提出すれば廃車手続きは終了です。ただし、まだ税金と保険料の還付申請手続きが残っています。

車検証が1カ月以上残っている場合は、自動車重量税の還付が受け取れます。還付を希望する場合は、永久解体申請書と一体になっている自動車重量税還付申請所に記載事項を書いて提出してください。また、自動車税は廃車にした翌月から3月までの金額が戻ってきます。自動車税事務所に行き、自動車税・自動車所得税申告書を入手し、必要事項を記入して提出しましょう。還付金は申請書に書いた口座番号に後日振り込まれます。ただし、廃車手続きをしたのが3月の場合は自動車税の還付金はないので気を付けてください。ちなみに、自賠責保険も1カ月以上残っていれば還付可能ですが、手続きそのものは保険会社窓口で行います。陸運局ではその手続きに必要な登録事項等証明書の交付請求をしましょう。

一時抹消登録の手続きに関しても、基本的な流れは永久抹消登録と方法は同じです。ただし、いくつか異なる点があるので注意が必要です。まず、申請書の用紙代の他に収入印紙代350円が必要になります。また、手続きをすると識別情報等通知書(一時抹消登録証明書)が渡されますが、この書類は車を再登録する際に必要となるので大切に保管してください。紛失しても再発行はされず、その後の手続きが面倒になります。さらに、車検が1ヵ月以上残っていても自動車重量税の還付はされません。一方、自動車税と自賠責保険の還付は可能なので勘違いしないように気をつけましょう。

業者に依頼した場合の手順

廃車の手続きを自分で行うと大変な手間がかかります。しかも、陸運局は土日が休みなので、平日に時間を作る必要があります。仕事で忙しい方などにはかなりの負担となるでしょう。自分で手続きをするのが無理だという場合には、業者に依頼するという方法があります。
その際、最初に行うのは、依頼をする業者選びです。ディーラー、自動車修理工場、中古車買取業者、解体業者など選択肢は色々ありますが、信頼できる馴染みの業者がいれば、そこに依頼するのが安心でしょう。

次に、業者と費用についての確認をしておく必要があります。廃車手続きの手数料や車の解体費用、車を引き取る際のレッカー車代などです。また、買取業者に依頼した場合は、車の買取価格が発生する場合もありますし、自動車税、自動車重量税、自賠責保険などの還付金もこちらが受け取るべきお金です。それらすべて考慮に入れ、どちら側がいくらのお金を支払わなければならないかを事前にしっかりと確認してください。これを怠るとトラブルの元になります。

金銭面で問題がなければ、業者に必要な書類を渡して手続きを代行してもらいます。必要な書類は、免許証のコピー、車検証、車検証と同一の認印、自賠責保険の原本、3カ月以内に発行した印鑑証明、印鑑証明と同一の実印です。代行をお願いする際には、廃車手続きがいつまでに終わるかを確認しておきましょう。廃車の手続きが完了すれば、業者から抹消登録証明書が送られてくるのでそれを確認して終了です。もし、約束の期日までに抹消登録証明書が届かない時は、業者に連絡して状況を確認しましょう。廃車手続きをせずに放置していたということになれば、その後も税金を請求されてしまうので十分気をつけてください。

廃車・事故車を高価買取保証。レッカー代・書類代行も無料で承ります。無料査定依頼はこちらから

お急ぎの方はお電話ください。

「車選び.com 買取コールセンター」通話無料0120-917-508。8:00〜22:00 年中無休。携帯・PHS OK。お手元に車検証をご用意いただくとスムーズです。

入力カンタン20秒!ネットで無料査定

8:00〜21:30のご依頼なら、最短10分で買取価格をお答えします。

※21:30〜は、翌日の対応とさせていただきます。
プライバシーポリシーをご確認のうえご依頼ください。

1. お車の情報

メーカー必須 車種必須
年式必須 走行距離必須

2. お客様の情報

お名前必須 お電話番号必須
メール必須 都道府県必須

「お電話番号」は市外局番から、数字のみご入力ください。

買取から代金お振込みまでの流れ

1.電話かネットで査定依頼・お問合せ。2.成約後にお車を引取。3.必要書類にご記入・送付。4.口座へ代金をお振込み。

その手続き、ちょっと待って!ご自分で廃車手続きをお考えの方へ。知らないうちに「損」しないための、賢い手続き方法とは?

お急ぎください!廃車手続き

10月末までに
抹消登録(廃車)すると、
自動車税が
5ヶ月分戻ってきます。

今お乗りの愛車を売るなら。比較的軽微な損傷や、自走可能なお車の場合は「車選び.comの車買取・一括査定」へ

  • 廃車がはじめての方へ「車選び.comの廃車買取とは」
  • 買取からお振込みまでの流れ「廃車買取の流れ」
  • あなたの車の買取価格は?「メーカー・車種別廃車買取価格」
  • エリア別廃車情報「全国廃車・事故車買取マップ」

廃車手続きパーフェクトガイド

廃車コラム

廃車手続き-基本編
廃車手続きの必要書類と手順
廃車にする走行距離と年式の基準
永久抹消登録と一時抹消登録の違い
廃車にする前にやっておきたい準備
廃車する時にかかる費用はどれくらい?
廃車にはどれくらい日数がかかるの?
廃車時の税金・保険料の還付手続き
廃車時に必要な保険の手続き
廃車手続きができる場所
廃車時に取外して良い部品・悪い部品
車検切れの車を廃車する方法
他県ナンバーの車を廃車にする方法
他人名義の車を廃車する方法
車検証の住所・氏名が印鑑証明書と異なる場合
◯◯を紛失した場合の廃車手続き
車種別廃車手続き
軽自動車の廃車手続きには何が必要?
トラックを廃車にするには
排気量別 バイクの廃車手続きの方法
廃車手続き-番外編
放置されている廃車の処理・撤去
ローンの残っている車は廃車にできる?
廃車寸前の車でも買取可能な理由
車を長期間保管するベストな方法
業者や知人から廃車予定の車を買い取ることはできる?
廃車にした車はどうなるの?
廃車を修理・再生するには
廃車にした車・バイクを再登録するには
廃車にする前にやりたい愛車の供養
廃車買取業者の選び方
こんな業者に注意!廃車買取に関するトラブル
なぜ無料で廃車買取ができるのか
年間で廃車される車の台数
リサイクル法って何?預託金とは?

事故車コラム