トラックを廃車にするには

廃車の対象になる車両には、家庭用の普通自動車や軽自動車、バイク、そしてトラックも含まれます。ここでは、トラックの廃車には何が必要なのか、手続き方法や必要書類についてご説明します。

トラックの廃車手続きにはどれくらいの費用がかかる?

トラックといえども大型特殊自動車や被牽引自動車(トレーラー)でない限りは、普通自動車の廃車と扱いは同じです。車を長期間乗らないときや、どこかへ売ったり誰かに譲渡したりするときに行う「一時抹消登録」と、もう乗用せずスクラップにしてしまう「永久抹消登録」がありますが、気になるのは一体どれくらいのお金の負担があるかということだと思います。

廃車はその車それぞれの状態により違いはありますが、「リサイクル料金」を払っているなら、自分で手続きの申請先である陸運局へ行くと廃車自体は無料でできます。平成17年に施行した自動車リサイクル法に則り、同年2月以降に車検した車であればリサイクル料が徴収されていて大型車だと15,000円以上を支払っています。これを支払っていない場合は、廃車時に同等の金額を支払う必要があります。

ただし、手続き自体は無料でも、必要な書類用紙購入代が100円程度必要になりますし、一時抹消登録には登録手数料として350円かかります。永久抹消登録の場合は、解体業者にスクラップしてもらう作業に1~2万円程度の解体料が発生することもあります。動かない車だと自宅から業者までの距離に応じてレッカー代の支払いも念頭に置く必要があるでしょう。

トラックの廃車の流れ

一時抹消登録にするのか永久抹消登録にするのかにより廃車の手順が違います。一時抹消登録登録するときには、必要書類を一式用意して管轄の陸運局へ行きます。ナンバープレートは返却するので前後2枚外しておき、一時抹消登録をしたいと窓口で担当者に伝えるときに必要書類と一緒に提出します。申請に関する書類を陸運局でもらったら、記入例を参考にしながら作成し手数料印紙を貼り付けたら再度窓口に書類を出しましょう。「一時抹消登録証明書」が発行されたら、一時抹消登録の廃車は終わりです。また車に乗るときに一時抹消登録証明書は必要なので大事に保管してください。

永久抹消登録の手続きはナンバープレートを2枚外し、陸運局に行く前にまず解体業者に行って車をスクラップしなくてはなりません。解体が済んだら陸運局へ出向きます。解体業者から通達された確かに解体したという「解体に係る移動報告番号」と「解体報告記録日」を申請書に記入して印鑑証明と共に出しましょう。最後に陸運局から「廃車証明書」が渡されたら終了です。廃車手続きが終わったら「自動車税の停止手続き」も済ませ、税金が引き続き請求されるのを防ぎます。

廃車に必要な書類

手続きには陸運局で入手できる書類と事前に自分で準備しなくてはならない書類があります。一時抹消登録で各自が用意するものは、車検証の所有者本人が申請する場合は「車検証」、前後2枚の「ナンバープレート」と「所有者の印鑑証明証」、「所有者の印鑑証明書と同じ実印」です。車検証の所有者がローン会社やディーラーになっているときは所有権の解除が必要になります。陸運局では「手数料納付書」と「一時抹消登録申請書」を入手し手続きの準備は整います。

永久抹消登録にするときには、陸運局へ行く前にスクラップした解体業者からの「移動報告番号と解体通知日の書かれたもの」と「所有者の印鑑証明証」、「所有者の印鑑証明書と同じ実印」、「車検証」、前後2枚の「ナンバープレート」、「リサイクル券」、「自賠責保険証明書」、「身分証明書」を用意して陸運局に着いたら「手数料納付書」、「永久抹消登録申請書」と「自動車税・自動車取得税申告書」が準備できます。車検が一ヶ月以上残っているなら自動車重量税が還付されるので振込み先の口座の控えを持っていくと良いでしょう。

廃車・事故車を高価買取挑戦。レッカー代・書類代行も無料で承ります。無料査定依頼はこちらから

入力カンタン45秒!ネットで無料査定

8:00〜21:30のご依頼なら、最短10分で買取価格をお答えします。

※21:30〜は、翌日の対応とさせていただきます。
プライバシーポリシーをご確認のうえご依頼ください。

車両の情報

メーカー必須
車種必須
年式必須
走行距離必須

お客様の情報

お名前必須
電話番号必須
都道府県必須
メール任意

当サイトは株式会社ファブリカコミュニケーションズ(東証スタンダード上場 証券コード:4193)が運営しています。 東証スタンダード上場ロゴ

当社は10年以上の廃車実績を持つ「株式会社ラグザス・クリエイト」と業務提携しております

お客様の情報は当社から、株式会社ラグザス・クリエイトへと配信され、それぞれ安全に管理されます。
お客様の情報が許可なく公開されることは一切ございません。

  • メーカー
  • 車種
  • 年式
  • 走行距離
  • メーカー
  • 車種
  • 年式
  • 走行距離
  • メーカー
  • 車種
  • 年式
  • 走行距離
  • メーカー
  • 車種
  • 年式
  • 走行距離

お電話でも受付中

「車選びドットコム 査定専用ダイヤル」通話無料0078-6015-26960。8:00〜22:00 年中無休。携帯・PHS OK。お手元に車検証をご用意いただくとスムーズです。

買取から代金お振込みまでの流れ

1.電話かネットで査定依頼・お問合せ。2.成約後にお車を引取。3.必要書類にご記入・送付。4.口座へ代金をお振込み。

その手続き、ちょっと待って!ご自分で廃車手続きをお考えの方へ。知らないうちに「損」しないための、賢い手続き方法とは?

お急ぎください!廃車手続き

今お乗りの愛車を売るなら。比較的軽微な損傷や、自走可能なお車の場合は「車選びドットコムの車買取・一括査定」へ

  • 廃車がはじめての方へ「車選びドットコムの廃車買取とは」
  • 買取からお振込みまでの流れ「廃車買取の流れ」
  • あなたの車の買取価格は?「メーカー・車種別廃車買取価格」
  • エリア別廃車情報「全国廃車・事故車買取マップ」

廃車手続きパーフェクトガイド

廃車コラム

廃車手続き-基本編
廃車手続きの必要書類と手順
廃車にする走行距離と年式の基準
永久抹消登録と一時抹消登録の違い
廃車にする前にやっておきたい準備
廃車にかかる費用は総額どれくらい?
廃車の手続きにかかる日数・時間は?
廃車時の税金・保険料の還付手続き
廃車時に必要な保険の手続き
廃車手続きができる場所
廃車時に取外して良い部品・悪い部品
車検切れの車を廃車する方法
他県ナンバーの車を廃車にする方法
名義の違う車を代理で廃車する方法
車検証の住所・氏名が印鑑証明書と異なる場合
◯◯を紛失した場合の廃車手続き
車種別廃車手続き
軽自動車の廃車手続きには何が必要?
トラックを廃車にするには
排気量別 バイクの廃車手続きの方法
廃車手続き-番外編
放置されている廃車の処理・撤去
ローンの残っている車は廃車にできる?
廃車寸前の車でも買取可能な理由
車を長期間保管するベストな方法
業者や知人から廃車予定の車を買い取ることはできる?
廃車にした車はどうなるの?
廃車を修理・再生するには
廃車にした車・バイクを再登録するには
廃車にする前にやりたい愛車の供養
廃車買取業者の選び方
こんな業者に注意!廃車買取に関するトラブル
なぜ無料で廃車買取ができるのか
年間で廃車される車の台数
リサイクル法って何?預託金とは?
動かない車を処分したいけど...不動車はどう処分?
車の処分はディーラーでもやってくれる?
金融車を処分するにはどうしたらいいですか?
車検証の所有者名義が違います。他人名義の車は代理で処分できるの?
車処分方法・タイミング
車を賢く処分する方法まとめ
車のバッテリーの処分方法を解説!廃棄場所や回収費用は?
車の純正・社外品パーツの処分方法とは?捨て方や注意点を知ろう
タイヤ・ホイールを処分する方法まとめ!捨て方や料金などを解説
車のマフラーを処分する方法は?純正から社外に変えた場合も
期限切れの発煙筒・三角表示板・ジャッキを処分する方法
車に使ったワックス・洗剤は何ゴミで処分する?
転勤・引越しで車を処分する場合、引っ越し前と後はどちらがいいのか
車を処分するおすすめ時期5選!ベストなタイミングはいつなのか
車を処分して節約したい!維持するより処分する方が得する?

事故車コラム