廃車時の税金・保険料の還付手続き

車を廃車にする時に、忘れてはならないのが税金や保険料の還付です。自動車に関する税金や保険は、基本先払いですから、廃車手続きをすれば、残りの期間のお金は返してもらえます。ただし、自動的に返還されるわけではなく、こちらで手続きをしないと無効になってしまうので注意が必要です。そこで、廃車時の還付手続きの方法についてご説明します。

自動車税の還付を受けるには

自動車税は、4月を起点として1年分を先払いしています。したがって、廃車手続きをした翌月から次の3月分までの税金が月割で返金されます。ただし、軽自動車の場合は還付はありません。これは軽自動車の税金が元々安いためです。そして、当然ながら3月に廃車手続きをした時も自動車税の残金はゼロなので返金はありません。

自動車税還付の手続きは、陸運局で廃車の手続きをした後、近くにある自動車税務署で行います。手続き自体はとても簡単で、窓口で自動車取得税・自動車税申告書を受け取り、必要事項を記入して提出するたけです。ただ、地域によっては書類の提出を求められないところもあるので、事前に調べておいた方がよいでしょう。手続きから2カ月ほどたつと、還付通知書が届きます。後は、還付通知書、認印、身分証明書を持って、指定の金融機関に行けば、還付金を受け取れます。

ちなみに、還付の対象期間に自動車税の滞納があれば、その金額を差し引いての返金となります。さらに、住民税や固定資産税などの滞納があった場合も、還付金から差し引かれるので気をつけてください。

自賠責保険料の還付を受けるには

車を購入すると、自賠責保険の加入を義務付けられますが、廃車手続きを行った時点で解約が可能になります。その際、保険の有効期間が1ヵ月以上残っていれば、残金を返金してもらえます。手続き自体は保険会社の窓口で行いますが、先に陸運局に行って廃車手続きをしなければなりません。廃車手続きには、永久抹消登録と一時抹消登録の2種類があります。廃車手続きを済ませた証拠として、前者の場合は登録事項等証明証を、後者の場合は登録識別情報等通知書(一時抹消登録書)をそれぞれ交付してもらってください。

一般的に、自賠責保険の解約手続きに必要なものは以下の通りです。

  • 登録事項等証明証、または登録識別情報等通知書(一時抹消登録書)のコピー
  • 自賠責保険証明書の原本
  • 認印
  • 還付金の振り込み先となる銀行口座の番号

※保険会社によって必要書類が異なる場合もあるので必ず事前に確認しましょう。

書類が揃えば、保険会社にいって続きをするだけです。ちなみに、還付金の算出は廃車手続きの日を起点にではなく、自賠責保険を解約した日から算出されます。つまり、保険会社に行くのが遅れれば遅れるほど、還付金は少なくなってしまいます。したがって、解約手続きをすませば、すぐに保険会社に行って保険を解約しておくのがよいでしょう。

自動車保険は解約と継続どちらがいいの?

自動車保険は、新しい車を買った場合でも解約ではなく契約車両の変更手続きを行えば問題なく保険に入ることが出来ます。また、所有している車を廃車にしても自動車保険の継続は可能です。では、廃車後に車を買う予定がある場合、自動車保険を継続した方がお得なのでしょうか。

廃車にすればその車で事故を起こす可能性はなくなるわけですから自動車保険を継続する意味がありません。少なくとも自賠責保険では、廃車手続きと同時に解約する方が間違いなくお得です。そうすれば還付金も戻ってきますし、それ以降余計なお金を払わずに済みます。しかし、任意保険では少し注意が必要です。

自動車任意保険は自賠責保険のような強制性はなく、個人で自由に選べる保険です。そのため、保険のシステムは会社によってさまざまです。還付制度は大抵のところが採用していますが、いくら返金されるかといった細かな条件は会社や保険の種類によって違います。
しかしそれ以上に問題なのが、任意保険に付随する等級です。等級というのは契約者に対するランク付けで、通常6級から始まり、1年間無事故だとひとつが上がり、事故を起こせば事故の内容に応じて等級が下がります。最高等級は20等級で、保険料が63%割引されます。逆に、1等級まで下がると64%の割増です。つまり、事故を起こさない限り、長く契約し続けることで保険料が安くなるわけです。もし、等級が高い時に解約してしまうとそれがすべてリセットされてしまいます。しかし、そうはいっても廃車の状態で保険を継続すれば、無駄に保険料を払わなくてはなりません。
そういったケースで利用したいのが「中断証明書」です。これを発行してもらえば、解約をしても再契約の際に以前の等級を引き継ぐことができます。したがって、自動車保険の制度をちゃんと理解してさえいれば、廃車の時に自動車保険を解約をしておいた方がお得なのです。

廃車・事故車を高価買取挑戦。レッカー代・書類代行も無料で承ります。無料査定依頼はこちらから

入力カンタン45秒!ネットで無料査定

8:00〜21:30のご依頼なら、最短10分で買取価格をお答えします。

※21:30〜は、翌日の対応とさせていただきます。
プライバシーポリシーをご確認のうえご依頼ください。

車両の情報

メーカー必須
車種必須
年式必須
走行距離必須

お客様の情報

お名前必須
電話番号必須
都道府県必須
メール任意

当サイトは株式会社ファブリカコミュニケーションズ(東証スタンダード上場 証券コード:4193)が運営しています。 東証スタンダード上場ロゴ

当社は10年以上の廃車実績を持つ「株式会社ラグザス・クリエイト」と業務提携しております

お客様の情報は当社から、株式会社ラグザス・クリエイトへと配信され、それぞれ安全に管理されます。
お客様の情報が許可なく公開されることは一切ございません。

  • メーカー
  • 車種
  • 年式
  • 走行距離
  • メーカー
  • 車種
  • 年式
  • 走行距離
  • メーカー
  • 車種
  • 年式
  • 走行距離
  • メーカー
  • 車種
  • 年式
  • 走行距離

お電話でも受付中

「車選びドットコム 査定専用ダイヤル」通話無料0078-6015-26960。8:00〜22:00 年中無休。携帯・PHS OK。お手元に車検証をご用意いただくとスムーズです。

買取から代金お振込みまでの流れ

1.電話かネットで査定依頼・お問合せ。2.成約後にお車を引取。3.必要書類にご記入・送付。4.口座へ代金をお振込み。

その手続き、ちょっと待って!ご自分で廃車手続きをお考えの方へ。知らないうちに「損」しないための、賢い手続き方法とは?

お急ぎください!廃車手続き

今お乗りの愛車を売るなら。比較的軽微な損傷や、自走可能なお車の場合は「車選びドットコムの車買取・一括査定」へ

  • 廃車がはじめての方へ「車選びドットコムの廃車買取とは」
  • 買取からお振込みまでの流れ「廃車買取の流れ」
  • あなたの車の買取価格は?「メーカー・車種別廃車買取価格」
  • エリア別廃車情報「全国廃車・事故車買取マップ」

廃車手続きパーフェクトガイド

廃車コラム

廃車手続き-基本編
廃車手続きの必要書類と手順
廃車にする走行距離と年式の基準
永久抹消登録と一時抹消登録の違い
廃車にする前にやっておきたい準備
廃車にかかる費用は総額どれくらい?
廃車の手続きにかかる日数・時間は?
廃車時の税金・保険料の還付手続き
廃車時に必要な保険の手続き
廃車手続きができる場所
廃車時に取外して良い部品・悪い部品
車検切れの車を廃車する方法
他県ナンバーの車を廃車にする方法
名義の違う車を代理で廃車する方法
車検証の住所・氏名が印鑑証明書と異なる場合
◯◯を紛失した場合の廃車手続き
車種別廃車手続き
軽自動車の廃車手続きには何が必要?
トラックを廃車にするには
排気量別 バイクの廃車手続きの方法
廃車手続き-番外編
放置されている廃車の処理・撤去
ローンの残っている車は廃車にできる?
廃車寸前の車でも買取可能な理由
車を長期間保管するベストな方法
業者や知人から廃車予定の車を買い取ることはできる?
廃車にした車はどうなるの?
廃車を修理・再生するには
廃車にした車・バイクを再登録するには
廃車にする前にやりたい愛車の供養
廃車買取業者の選び方
こんな業者に注意!廃車買取に関するトラブル
なぜ無料で廃車買取ができるのか
年間で廃車される車の台数
リサイクル法って何?預託金とは?
動かない車を処分したいけど...不動車はどう処分?
車の処分はディーラーでもやってくれる?
金融車を処分するにはどうしたらいいですか?
車検証の所有者名義が違います。他人名義の車は代理で処分できるの?
車処分方法・タイミング
車を賢く処分する方法まとめ
車のバッテリーの処分方法を解説!廃棄場所や回収費用は?
車の純正・社外品パーツの処分方法とは?捨て方や注意点を知ろう
タイヤ・ホイールを処分する方法まとめ!捨て方や料金などを解説
車のマフラーを処分する方法は?純正から社外に変えた場合も
期限切れの発煙筒・三角表示板・ジャッキを処分する方法
車に使ったワックス・洗剤は何ゴミで処分する?
転勤・引越しで車を処分する場合、引っ越し前と後はどちらがいいのか
車を処分するおすすめ時期5選!ベストなタイミングはいつなのか
車を処分して節約したい!維持するより処分する方が得する?

事故車コラム