廃車を修理・再生するには

見た目もボロボロで、走りにも支障が出るようになった車は、通常であれば廃車にするしかありません。しかし、その車にこだわりがあり、できるだけ長く乗っていたいという方もいます。そのような場合の修理の方法や費用の問題についてご説明します。

廃車にした車にまた乗ることはできる?

廃車は、手続きの方法によって大きく2種類に分かれます。永久抹消した車と一時抹消した車です。前者は、手続きの前に車の解体が義務付けられていますから、再び乗るという選択は物理的に不可能です。

後者は、何らかの理由で車を長期間使用しない場合、自動車税の請求を免れるために一時的に登録を抹消したものです。もちろん、車を解体する必要はありません。手続きをした際に、ナンバープレートを返納しなくてはならないため、公道を走れなくなりますが、再登録すれば問題なく使用できます。

さらに、一般にはあまり知られていない第3の廃車手続きとして、輸出抹消仮登録があります。これは、文字通り、車を輸出するための手続きで、日本での登録を抹消するために扱いとしては廃車ですが、実質は立派な現役車です。日本では、走行距離10万キロが買い替えの目安だとされていますが、日本車のエンジンは優秀なので、大事に使えば20万キロや30万キロは楽に走ります。そのため、日本では売り物にならない古い車が発展途上国に数多く輸出されて、第2の人生を歩んでいます。

廃車と言えば、解体してスクラップになるようなイメージを持っている方もいるかもしれませんが、実際は、一度廃車になってから第2の人生を歩む車もたくさんあるのです。

廃車をレストアするメリット

車の修理の中でも、大幅に部品を入れ替えて新品同様までに修復させる手法をレストアと呼びます。事故や損耗の対処療法的な修繕ではなく、新車当時の姿の完全復元を目指して行われるため、仕上がりの美しさは通常の修理とは段違いです。そのため、コレクション目的の車によく用いられます。もし、業者にレストアを依頼するのであれば、町の整備工場ではなく、レストア専門店の方がよいでしょう。普通の整備工場では、必要な部品も技術も持ち合わせてない場合が多いからです。しかし、本格的なレストアを業者に依頼するとびっくりするような金額を請求されてしまいます。場合によっては、新車を買った方が安いかもしれません。

そこで、車好きな人は、しばしば自分の手でレストアに挑戦します。それでも、数十万円以上の費用がかかるのが普通です。しかも、必要な部品を揃えるのにも手間がかかるので、完成まで何カ月、何年という時間を費やします。大変な苦労ですが、それでも世の中にはレストアに夢中になる人が数多くいます。なぜなら、自分が愛着をもっていて、しかも、中古車市場でもなかなか手に入らない車を新品同様に作り直せるからです。苦労した分、その喜びもひとしおです。もし、廃車にした車に強い思い入れがあるのであれば、一度レストアに挑戦してみてはいかがでしょうか。

廃車の修理費用はどれくらい?

廃車の車を修理する場合、気になるのは修理費用ですが、その金額がいくらになるかは一概には言えません。特に、古い車のレストアともなれば、その上限はないに等しいものになります。例えば、数十年前のクラッシクカーが家の倉庫に眠っていたとして、それを完全に復旧させようと思えば、おそらく数百万円単位のお金が必要でしょう。そこから、完成度を求め始めれば、1000万円、2000万円ときりがなくなります。そのため、レストアはリッチな大人の趣味だと言われています。それではレストアではなく、通常の修理ならどうでしょうか?

車が廃車になる理由でよくあるもののひとつが水没です。最近の車は電子制御に頼っているので、水に対して弱くなっています。しかも、車の奥まで水が入り込んでいると、金属部分が急速に腐食します。そうした理由から、水没車は廃車になる確率が高いのです。そのような車を修復するのにどのくらいの費用が必要かといえば、どの高さまで浸水したかがひとつの目安になります。フロアマットまでなら5万円、シート下なら20万円、シート上なら50万円。もちろん、実際の修理費は車種やさまざまな条件によって全く違いますが、目安としてはこのくらいの感覚でしょう。そして、シートより上まで水没した車は廃車扱いされるケースが多いようです。

しかし、これはほんの一例で、廃車の修理費用はその原因によって全く異なります。まず、正確な費用を知るために、修理工場に持ち込んで修理費用の見積もりを出してもらってください。工場によっては、見積額が全く異なる場合もあるので、できれば、複数のところで見積もってもらうことをおすすめします。

廃車・事故車を高価買取挑戦。レッカー代・書類代行も無料で承ります。無料査定依頼はこちらから

入力カンタン45秒!ネットで無料査定

8:00〜21:30のご依頼なら、最短10分で買取価格をお答えします。

※21:30〜は、翌日の対応とさせていただきます。
プライバシーポリシーをご確認のうえご依頼ください。

車両の情報

メーカー必須
車種必須
年式必須
走行距離必須

お客様の情報

お名前必須
電話番号必須
都道府県必須
メール任意

東証JASDAQ上場ロゴ 名証二部上場ロゴ 株式会社ファブリカコミュニケーションズは東証JASDAQ・名証二部上場企業です。
(証券コード:4193)

当社は10年以上の廃車実績を持つ「株式会社ラグザス・クリエイト」と業務提携しております

お客様の情報は当社から、株式会社ラグザス・クリエイトへと配信され、それぞれ安全に管理されます。
お客様の情報が許可なく公開されることは一切ございません。

  • メーカー
  • 車種
  • 年式
  • 走行距離
  • メーカー
  • 車種
  • 年式
  • 走行距離
  • メーカー
  • 車種
  • 年式
  • 走行距離
  • メーカー
  • 車種
  • 年式
  • 走行距離

お電話でも受付中

「車選びドットコム 査定専用ダイヤル」通話無料0066-9686-66960。8:00〜22:00 年中無休。携帯・PHS OK。お手元に車検証をご用意いただくとスムーズです。

買取から代金お振込みまでの流れ

1.電話かネットで査定依頼・お問合せ。2.成約後にお車を引取。3.必要書類にご記入・送付。4.口座へ代金をお振込み。

その手続き、ちょっと待って!ご自分で廃車手続きをお考えの方へ。知らないうちに「損」しないための、賢い手続き方法とは?

お急ぎください!廃車手続き

今お乗りの愛車を売るなら。比較的軽微な損傷や、自走可能なお車の場合は「車選びドットコムの車買取・一括査定」へ

  • 廃車がはじめての方へ「車選びドットコムの廃車買取とは」
  • 買取からお振込みまでの流れ「廃車買取の流れ」
  • あなたの車の買取価格は?「メーカー・車種別廃車買取価格」
  • エリア別廃車情報「全国廃車・事故車買取マップ」

廃車手続きパーフェクトガイド

廃車コラム

廃車手続き-基本編
廃車手続きの必要書類と手順
廃車にする走行距離と年式の基準
永久抹消登録と一時抹消登録の違い
廃車にする前にやっておきたい準備
廃車にかかる費用は総額どれくらい?
廃車の手続きにかかる日数・時間は?
廃車時の税金・保険料の還付手続き
廃車時に必要な保険の手続き
廃車手続きができる場所
廃車時に取外して良い部品・悪い部品
車検切れの車を廃車する方法
他県ナンバーの車を廃車にする方法
名義の違う車を代理で廃車する方法
車検証の住所・氏名が印鑑証明書と異なる場合
◯◯を紛失した場合の廃車手続き
車種別廃車手続き
軽自動車の廃車手続きには何が必要?
トラックを廃車にするには
排気量別 バイクの廃車手続きの方法
廃車手続き-番外編
放置されている廃車の処理・撤去
ローンの残っている車は廃車にできる?
廃車寸前の車でも買取可能な理由
車を長期間保管するベストな方法
業者や知人から廃車予定の車を買い取ることはできる?
廃車にした車はどうなるの?
廃車を修理・再生するには
廃車にした車・バイクを再登録するには
廃車にする前にやりたい愛車の供養
廃車買取業者の選び方
こんな業者に注意!廃車買取に関するトラブル
なぜ無料で廃車買取ができるのか
年間で廃車される車の台数
リサイクル法って何?預託金とは?
動かない車を処分したいけど...不動車はどう処分?
車の処分はディーラーでもやってくれる?
金融車を処分するにはどうしたらいいですか?
車検証の所有者名義が違います。他人名義の車は代理で処分できるの?
車処分方法・タイミング
車を賢く処分する方法まとめ
車のバッテリーの処分方法を解説!廃棄場所や回収費用は?
車の純正・社外品パーツの処分方法とは?捨て方や注意点を知ろう
タイヤ・ホイールを処分する方法まとめ!捨て方や料金などを解説
車のマフラーを処分する方法は?純正から社外に変えた場合も
期限切れの発煙筒・三角表示板・ジャッキを処分する方法
車に使ったワックス・洗剤は何ゴミで処分する?
転勤・引越しで車を処分する場合、引っ越し前と後はどちらがいいのか
車を処分するおすすめ時期5選!ベストなタイミングはいつなのか
車を処分して節約したい!維持するより処分する方が得する?

事故車コラム